[番外] 4月26日 大崩山 Part2 高所ヘタレ

f0173067_9434092.jpg

この日はよく忘れ物をしていた。手袋、スパッツ、肝心なマクロレンズ。車を乗り換えた時に置いてきてしまっていた。
それと昨日も書いたが、どうにも気分が落ち着かず、三脚はザックに括り付けたまま、フィルムカメラもとうとうザックから出す事無く、担ぎ上げた重荷
でしかなかった。






f0173067_9483515.jpg






f0173067_948547.jpg

しかしこんな山に来ると、高所恐怖症の人間は(あくまでも自分の場合)その山が持つ本来の姿、良さを充分感じ取る事無く下山する事が多く
楽しみも半減、中途半端な達成感しか残らない。ちょっと消化不良で自信喪失に陥りやすい山だ。次回は紅葉時期と決まったんで、頑張ろう。






f0173067_9581598.jpg







f0173067_9583970.jpg

しかしここの岩肌は美しい。





f0173067_10215777.jpg






f0173067_10221561.jpg

各自色んな所で撮影し、再度展望所に集合。簡単な食事をして下山する。食事中には一睡もしていない僕はちょっと睡魔に襲われウツラウツラ。
下山も結構高度感がある登山道(何度も言うがあくまで僕レベル)にボッチさんやYAさん達に付いて行くのがやっと。ロープから梯子に移る所や
トラバースポイント、一本橋など気が重くなっていた。





f0173067_10292471.jpg






f0173067_10293856.jpg

ヒメレンゲって言ってたっけ?





f0173067_10305345.jpg

平坦な所でちょっとホッとし、それでもなんとか降りて行く。





f0173067_10324558.jpg

まさか、親父が・・・。

そんな訳無い。鹿だろう。





f0173067_1034918.jpg







f0173067_1034266.jpg

やってきました一本橋。でも、あれ、何の事無く渡れた(*^^)v

岩魚を釣っている登山者を眺めながら小休止。ココまでくれば後、難所は2,3箇所ぐらい。ちょっと安心してタバコを1本。旨いなぁ。






f0173067_10421230.jpg

山荘を覗くとものすごくきれい。前回もきれいだったが、聞くところによるとこの日、山の会の人達が掃除をしてくれていたらしい。延岡の会だと思われるが
一本橋のワイヤーといい感謝。
九重にもこんなきれいな小屋が欲しい。うらやましい限りだ。





f0173067_10471457.jpg







f0173067_10473312.jpg







f0173067_10475139.jpg

朝撮ったミツバツツジに日が当たっている。再度ザックを降ろし撮影タイム。






f0173067_1049575.jpg






f0173067_10502569.jpg






f0173067_10504410.jpg

ゆっくりペースで2:30予定通り下山完了。

このままでは終われない。次回は本気で周回してみよう。

宇目の道の駅で解散、僕達は来た道で帰る。途中、九重山荘の所でソフトクリームを買って食べるが、久住を見てビックリ。ガスがかかった山頂付近が真っ白い。
ひょっとして樹氷。大崩とはまったく違った天気だったらしい。

往復YAさんの運転だった為、眠らないようしていたが杖立ぐらいでどうしても我慢できなくなり、10分ぐらい目を閉じた。

無事YAさん宅に着き、奥様にコーヒーを御馳走になり、8時前に帰宅。車から往復の運転まで、YAさん、お世話になりました。また宜しくお願いします。




さあ、GWはいよいよテン泊デビュー。必要な物もほとんど揃ったし、多分2日は坊がツルだ。
[PR]