12月10日 天狗ヶ城朝駆け 新雪を纏って

PENTAX K5 / DA18-135WR
牧ノ戸⇒星生崎下⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_10355885.jpg

九州の山々から冠雪の便りが届いていた木曜、僕にとって今年最初の雪景色の誘惑に、居ても立っても居られず金曜に朝駆けする事にした。試しにボッチさんにメールすると以心伝心、同じ穴のムジナ、同業相憐れむ、彼も朝駆けする予定にしているとの事。山下〇長も以下同文…。

冷え込んでいるので少しでも暖かいだろう長者原で仮眠する事にしていたが、帰宅するのが遅くなり結局家を出れたのが10:30過ぎ、途中瀬の本でトイレ休憩、牧ノ戸に12:30着となってしまった。電話を貰っていた山下〇長の車の横に駐車し、挨拶後、星空撮影の為に3時入山と決めて2時間程度仮眠を取った。

仮眠から目覚めるとボッチさんも到着し準備中。今年初の雪景色に朝駆け人も多いかな、と思っていたが、思いの外車は少なく、僕達意外には2,3台しか止まっていなかった。気温は-7,8度ぐらい、ピリッと冷たいが、風は無く空には満天の星がキラキラ瞬いていた。この日は双子座流星群の先走りなのか、登っている途中流れ星も結構な頻度で目にすることが出来た。

予定通り3時入山。用心の為にアイゼンを装着していたが、まだ新雪のサクサク状態の為無しでもまったく問題無さそうだったし、事実途中から下山するまで外していたがスリップする事は無かった。













f0173067_1057498.jpg

寒くても歩けば汗をかく訳で、第2展望台で衣類調整。ジャケットを脱ぎ、アンダーとフリース2枚にして登って行った。ケルンの広場で小休止。数個の流れ星が流れる。4時過ぎに星生崎下の岩場に到着。僕と山下さんは三脚を出し星空撮影。ボッチさんは先に中岳へ。
今日は新しく導入したK5の初撮りだったが、使い方はK7と変わらないだろうと高を括っていて実際には撮る段になってアタフタしてしまった。全般的にはK7の写りと違って、もやもやした感じはまったく無く、AFも満足できるものだった。が、さすがに星空撮影はぶっつけでは難しく、距離表示の無い18/135ではピントリングもグルグル回るだけで無限遠が出せず、LV拡大でも何にも見えない為唯一それなりに見えるのは1枚だけだった。




f0173067_1121273.jpg

その後、天狗に直行する山下さんと別れ、靴を調整する為に避難小屋へ。実は歩いている時に足の指が麻痺したように痺れて段々痛くなってきていたのでどうしても一度靴を脱ぎたかったからだ。特に締め付けてもいないし、どうも最近足の裏が痛くなってくるのは血行障害かなぁ?取り敢えず靴を脱ぎ、両足の小指付近をマッサージし、ついでに(-。-)y-゜゜゜。




f0173067_1125358.jpg

小屋を後にし、微風の久住分れから天狗ヶ城へ。途中一人を追い越し山頂着。山頂は寒いものの風は弱くダウンを着込めばまったく問題無い感じだった。




f0173067_1134987.jpg





f0173067_1144280.jpg





f0173067_1151359.jpg





f0173067_1153251.jpg





f0173067_1155469.jpg





f0173067_1161930.jpg

ご来光までワクワクしながら待っていたが、空には雲もまったく無く、ガスの発生も無かった。でも、漆黒から深青、薄紅と徐々に変わっていく透明感の有る空の色に充分満たされた思いでシャッターを切っていった。

新レンズ18/135はシャープな描写をするとは思うが、充分絞らないと周辺の光量落ちが大きいかも。




f0173067_1163738.jpg

中岳の東の雲が黄金色に輝き始め、いよいよご来光。スッキリした夜明けだった。




f0173067_1171235.jpg





f0173067_1174391.jpg





f0173067_122920.jpg





f0173067_1222785.jpg

想いの外雪面は焼けてくれず、ピンクの花園は次回以降に持ち越し。




f0173067_1233883.jpg





f0173067_1235219.jpg





f0173067_1241475.jpg





f0173067_1243183.jpg





f0173067_1244592.jpg





f0173067_124581.jpg

8時過ぎに中岳から移動してきたボッチさんと山下さんに挨拶をして下山。途中、扇ヶ鼻分岐で知り合いのTさんとバッタリ会い情報交換。タイムリミットも近づいて先を急いでいたらケルンの広場前でラブラブ山行の悠悠さんご夫妻と遭遇。挨拶もそこそこに駆け足で下山した。




f0173067_1283330.jpg





f0173067_1285145.jpg





f0173067_129688.jpg





f0173067_1292483.jpg





f0173067_1294222.jpg





f0173067_129567.jpg





f0173067_1210942.jpg

10時過ぎに無事下山。速攻で久留米に帰り出社。眠い目を擦りながら午後からの仕事に精を出した。けっして居眠りなんかはしていない、と思う・・・(^^)

さあ、今冬九重はどれぐらいの雪景色を僕に見せてくれるのだろうか。楽しみだ。
[PR]