[番外編] 3月26日 傾山の猟犬アカとの再会

SONY NEX-3
上畑⇒九折越⇒後傾⇒山頂(ピストン)
f0173067_22591294.jpg

震災から早2週間、被災された方々からすれば果てしなく長い2週間だったと思う。そしてまだまだ試練は続いている。自分自身、被災地から遠い九州で何か力になりたい、何か出来る事は無いか、悶々とした日を過ごして来た。気分的にもまったく落ち込んだままで、BLOGを書く気にもならなかった。今もまだまだそうなんだが、書けば書くほど、読めば読むほど空虚な言葉の羅列に思えてしかたがなく、当面WEBは見ない事にしていた。

ただ良く考えてみればいつまでも沈んだままでは居られない訳で、取り敢えず自分に出来る事はやったし、これからも継続的に支援していきたい。被害が無かった西日本の人間から元気を出して被災地を支えていかないと日本が成り立たない。被災者や今も原発の被害を食い止めるべく命を懸けて戦っている方々、自衛隊、警察、消防他すべての人に感謝とエールを送りつつ、空元気を出してBLOGを再開していく事にした。


気分転換に朝駆けしようと思っていたが予報が微妙だったため決心出来ないでいた金曜、T君から傾山登山の誘いの電話。久し振りに2人で登ることにした。傾山は数年前に僕とT君、それにO君を加えた3人で登ってO君が起こした三ッ坊主遭難騒ぎで大変な目にあって以来になる。
今回、写真は記録程度なんでDSLRや三脚は持って行かず軽いNEXのみとした。

まだ薄暗い中、上畑の駐車場に着くとチラホラ雪が舞っている。病み上がりのT君のリハビリを兼ねた山行の為、出来るだけショートカットで行こうと車で林道を登り上の登山口まで行った。準備を済ませ7:10入山。最初からの急登に3週間ぶりで息が上がる。登山道にはうっすら雪が積もり、所々踏み跡が分かり難い所が有るが、テープを探しながら登って行った。途中色々な事を話しながら、気の置けない友人との山行はやっぱり楽しく、沈んでいた気持ちも徐々に癒されていく気がしていた。ただ祖母・傾山系をホームとするT君ほど僕のテンションは上がらなかったが・・・(笑)
1000m、1100mと100m毎の標識に力を貰いながら九折越へ。ここまでは雪とガスの中だったが、小屋で休憩中には日が射す事も有った。30分程休憩し千間尾根から山頂を目指す。ここまで誰とも出会わず静かな山行だったが、結局下山するまで登山者は現れなかった。ガスに包まれて展望が開けない中、1時間ほどで後傾を経て山頂へ。

山頂は-6℃、風はたまに横殴りに吹いてくるが常時吹いている訳では無く、朝駆けと違ってのんびり出来る。ただ時折風に煽られて枝に付いた雪が降り注いでくるのには閉口したが。お湯を沸かし、カップ麺とおにぎりでお腹を満たす。山頂はガスに包まれたままで展望はまったく無い。食事後に後10分待って回復しなければ下山しようと二人で話していたら、その声を聞いていたかのように青空がのぞいて来た。完全に回復しそうには無いが、祖母から大障子の稜線も見えてきた。
しばらく展望を楽しみ下山する。下山時には雪は大分融けていて、ぬかるんだ登山道に滑らないように注意が必要だった。

下山は休む事無く一直線に下山完了。実はT君には登山以外にもう一つの目的が有ったようで、それが表題の「アカ」との再会だった。去年、単独で同じコースを登った時にガイド犬さながらの犬がずっと九折まで案内してくれていたらしかった。かなり印象的な出来事だったらしく、登る時からずっとその事を話していた。付かず離れず、たまに側に来たかと思うと、またすぐ先行し、食事中も一緒で結局下山まで同行したらしい。下山時に飼主に会った時に登山者が大好きな猟犬と言う事を聞いていたらしく、今日も「アカ」が出てこないかなぁ、とずっと言っていた。そこで下山後うろ覚えの場所を駄目元で尋ねてみるとドンピシャ。感動の再会だった。ただ「アカ」は猟の時に他の2匹と一緒にイノシシの反撃に合い大怪我をしていたらしく、お腹辺りに大きな縫合跡が。今はもう大分回復し元気一杯だったが、今後間違い無くT君は傾に来る時には「アカ」に会いに行く筈だ。










f0173067_13553763.jpg





f0173067_13555034.jpg





f0173067_13561196.jpg

九折越にて、久し振りに本人登場(T君撮影)




f0173067_13563770.jpg

やっと青空が。でもすぐ又ガスの中に。




f0173067_1357212.jpg

「アカ」の登場を待っているT君。来ないけど(笑)




f0173067_13588100.jpg

千間尾根の登山道。




f0173067_13583273.jpg

傾山頂。




f0173067_1359024.jpg





f0173067_13591283.jpg





f0173067_13592440.jpg

見た感じ、まだまだ真冬の感じだった。




f0173067_14001.jpg

やっと現れた後傾と千間尾根。




f0173067_1404192.jpg





f0173067_1405830.jpg





f0173067_1411537.jpg





f0173067_1413359.jpg





f0173067_1414471.jpg

登山道からの山頂と後傾。




f0173067_142147.jpg




「アカ」の写真は撮り忘れ。上畑から傾に登れば人懐っこい「アカ」に遭遇出来るかも。
[PR]