7月23日 中岳朝駆け 聞こえて来るのは風の音だけ

PENTAX K5 / MZ-7
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒御池高巻き⇒中岳⇒池の小屋⇒慰霊碑⇒久住避難小屋⇒牧ノ戸
f0173067_1541247.jpg

先週のKY(KYってもう古い?)グループによる雰囲気台無しの朝から一転、九重に静かで厳かな朝が戻ってきた。

長者原で仮眠し、1時過ぎに牧ノ戸へ移動。仮眠前はガスに包まれ星さえ見えない状況だったが、牧ノ戸でもその状況は変わっていなかった。先着された山靴さんととしちゃん、それに山下〇長と4人で入山。前後しながらバラバラに登って行った。途中、山靴さんにアクシデントがあったが、それ以外は順調にケルンの広場、扇ヶ鼻分岐、星生分岐と遣り過ごし、3時過ぎに久住避難小屋へ。その間も珠に月が見える事は有ってもガスは基本的に晴れることは無かった。小屋から見て久住でさえ見えない状況なんだが、ただそこまで厚いガスでも無さそうなんで、今日はひょっとしたら、と期待がグッと膨らんでいた。

小休止後、中岳に行かれるとしちゃんが先発。15分遅れで僕も中岳に向かった。久住分れを過ぎ、空池の淵まで来てふと気が付くとガスが完璧に晴れていた。天狗や中岳のシルエットがはっきりと夜空に浮かび上がっていた(T_T)
取敢えず御池を高巻きし、吊尾根へ。視界は先を行くとしちゃんや天狗を登っている山下さん達のライトがハッキリ見えるぐらいクリアになっていた。







f0173067_1661911.jpg

4時10分過ぎ山頂着。辺りを見渡してみると周囲は雲海に包まれているようだが、中岳をはじめ主だった山頂ははっきり見えていた。ただ先週に比べると霞なのか空の透明感が若干劣ってるようだった。




f0173067_1663264.jpg





f0173067_1664478.jpg

ただ扇ヶ鼻は牧ノ戸を越えて押し寄せてきていた巨大な雲海に飲み込まれていた。どおりでガスで何も見えなかったはずだ。今は久住側からの風にちょっと押し戻されて西千里ぐらいで鬩ぎ合っているようだ。三俣にも時折ガスが懸かっている。




f0173067_167034.jpg

そこそこ風が強く体感温度がかなり低かったので薄手のダウンを羽織り、三脚をセットした。





f0173067_1671254.jpg

聞こえて来るのは風が通る音だけ。やっぱり夜明けはこうじゃないと。時折シャッターを押しながら充分堪能させてもらった。




f0173067_1672222.jpg





f0173067_20265459.jpg





f0173067_2027109.jpg

5時を回って段原奥の霞が光り始めていた。いよいよご来光の時間が近づいていた。来週ぐらいには中岳からのダイヤモンド大船が撮れろかもしれない。




f0173067_20272762.jpg

5時20分過ぎ、ゆっくりと日が昇ってきた。無頓着で余り気にしていなかったが、日の出もずいぶんと遅くなっていた。




f0173067_20274718.jpg

日が昇ってますます風が強くなってきたが、時間との勝負、山頂を西へ東へ忙しく撮りまわった。扇ヶ鼻もガスに呑まれたり現れたりしていて、次は星生、天狗、久住と次々呑まれて絶景が現れると勝手な期待をしていたが、結局他の山頂がガスに呑まれる事は無かった。もちろんガスが無い為ブロッケンも現れなかった。




f0173067_20281182.jpg





f0173067_20283097.jpg

としちゃんと二人、強風に耐えながら裏焼けに染まる連山を撮っていた。




f0173067_20291731.jpg





f0173067_2029415.jpg





f0173067_1252670.jpg

6時を回りガスの発生もなさそうなピーカン状態が続きそうな感じなんで、としちゃんに一声掛けて池の小屋へ向かうことにした。




f0173067_1255561.jpg





f0173067_12561125.jpg

御池はまだ水量が多く、下の登路のマーキングは見えるが、行けるかどうかは行ってみないと分からない状態で高巻きして正解だったようだ。




f0173067_12581682.jpg

誰も居ない小屋で体が冷えてたんでバーナーでお湯を沸かし、暖かいスープとお握りで朝食を摂った。しばらく休憩し、そのうち山下さん達も降りてくるかなぁ、と思っていたが、結局誰も降りてこず、暑くなる前にと下山する事にした。




f0173067_1313553.jpg

稲星の稜線奥の雲海からかろうじて頭を出す祖母。




f0173067_1322764.jpg

慰霊碑に一礼し、僕も将来連山に懐かれたこんな所で永久の眠りに付きたい、などと思いながら、でもみんなに顰蹙を買いそうなんで諦めた^^;




f0173067_1364324.jpg





f0173067_1365644.jpg





f0173067_1371220.jpg

久住分れまでくると先週の台風の影響か標識が破損していた。いつも思っていたが、この標識は朝駆け時にとんでもない風が吹いて難儀するポイントに立ち、風を受ける面積が広く、しかもダブルで取り付けられていたんでいつかは、と思っていたが、やっぱり台風の強風には耐えられなかったらしい。




f0173067_1311769.jpg





f0173067_13112052.jpg

ひょっとしたらと避難小屋を覗いてみるも誰も居ず、そのまま下山した。




f0173067_1313285.jpg





f0173067_13132099.jpg





f0173067_13133270.jpg

扇ヶ鼻分岐で野花菖蒲を撮っている山靴さんに追いついて、そこからは色んな花を撮りながら前後して降りて行った。




f0173067_13151878.jpg

吾亦紅も咲いていた。




f0173067_13154686.jpg





f0173067_1316798.jpg





f0173067_13162823.jpg





f0173067_13164056.jpg





f0173067_13165295.jpg





f0173067_1317573.jpg





f0173067_1335779.jpg





f0173067_1317176.jpg





駐車場寸前に何時も居るアサギマダラを撮って下山完了。山靴さんと別れ男池に向かった。おいちゃん家で水を汲み、久し振りにおばちゃんが座っていた販売所で野菜を購入し、耕吉の湯で入浴後帰宅。帰宅後、予定では大牟田の大蛇山を撮りに行くつもりで早めに帰ったんだが、いったん家でゆっくりすると、さあ行こうと言う気力が湧いてこず、結局断念した。

来週は地元の花火大会、それに合わせて亡き父の13回忌をする。実家のすぐ側で花火が上がるんで、親戚一堂に会して父を偲び方々花火見物をする事になった。だから朝駆けは行けそうも無い。もし行けてもバタバタになるだろう。
[PR]