7月5日 中岳霧中登山

牧ノ戸⇒避難小屋⇒中岳 ⇒稲星分れ⇒池の小屋⇒避難小屋⇒牧ノ戸
PENTAX K10D
f0173067_14283514.jpg

3週間ぶりの山行は稲星山朝駆け、その後鳴子山で名残のオオヤマレンゲ観賞とする予定でした。
金曜日の久留米は午後激しい雨が降り、九重付近の天気予報も曇りと朝駆けには厳しい感じがしていました。しかし、この日を逃すと今週も山に行けなくなるので半ば諦めの心境、あわよくば九重の女神のプレゼントがあるかも、との思いでPM10時久留米を出発しました。
長者原を過ぎ、大曲に差し掛かると視界10メートルも無い濃霧の世界。あやうく牧ノ戸駐車場の入口もわからなくなるほどでした。駐車場内は車が有るのか無いのかさえ判らないほど真っ白で、だんだん雨も強くなってきました。これでは撃沈覚悟なんて言える状況ではなく、諦めて車中泊を決め込みました。
5時過ぎ目覚めてみると、ガスはやや薄くなっているものの雨が降り続いており、入山するには厳しい状況なのでまた寝直すことにしました。
次に目覚めたのが8時過ぎ、家でとる睡眠よりはるかに長時間の睡眠となりました。ただ、暑いのか寒いのかはっきりしない気温で、どうも風邪気味となったみたいで喉もちょっと痛くなり、体調不良を感じつつ朝食を摂ったりして準備します。
f0173067_1503058.jpg

9時過ぎに入山し、久しぶりの牧ノ戸のコンクリート坂に喘ぎます。レインウェアを着ている為最初から汗だくです。展望台の温度計は15度、小雨混じりの天気の為登山者は閑散としています。
f0173067_1585670.jpg

三俣も全然見えず、登路脇の花などを撮りながらのんびり登ります。
f0173067_15115535.jpg

避難小屋までの登山道は何か工事の測量の為か、ピンクのリボンを付けたボルトや杭が変に目立ちました。
f0173067_15144273.jpg

10時30分過ぎに避難小屋着、相変わらず視界はありません。小屋内は幸いなことに無人で、コーヒーを沸かし小休止。
f0173067_1519680.jpg

体調を考え、今日の目標を中岳に決め、11時出発。御池を目指します。登山者もポツポツ見受けられますが、いつものメインルートからすれば静かなものです。
f0173067_15223446.jpg

ガスに包まれて、今にも女神が現れそうな神秘的な御池を高巻きし池の小屋へ。ここで初めて食事中の3人の登山者と天候についての悲観的な言葉を交わします。小屋前は風が強く写真を撮るのも苦労する程。ほとんどの写真はガスが飛んだ一瞬を撮った物で、通常は白一色の世界です。
f0173067_1526653.jpg

池の小屋を後にし、釣尾根から中岳を目指しますが、まったく見えません。前方に学生の一団が賑やかに登っています。その声を追って中岳山頂へ、相変わらず何も見えません。久住、大船はおろか天狗も御池もガスの中です。
f0173067_1533496.jpg

学生の嬌声で騒がしい山頂でおにぎりを食べていると、急に頭上に日差しを感じました。それから2,3分で山頂を覆っていたガスが急激に取れ、坊ガツルや大船がその雄姿を現してくれました。冒頭の写真がそれです。しかし、その景色も長続きせず5分後にはまた元のガスの中に。
f0173067_15415964.jpg

f0173067_15595018.jpg

学生の団体が下山後、もう一度ガスが取れないか山頂で粘ってました。でも中々ガスは取れません。そうこうしている内に単独の男性が山頂に来られ、「こっちへ行くと何処へ行くんですか?」と白口岳方面を指差されますので簡単に道案内をしました。でも何か気になるんで、その男性が稲星分れ方面へ降りていかれるのを見て、僕も付かず離れず同じほうへ降りて行きました。稲星分れまで降りて、男性が稲星に登られるのを確認し、ここまで来たなら鳴子へ行こうかとも思いましたが、体調を考え、クレオパトラとの対面は来年に取っておく事にし下山する事にしました。
f0173067_1601539.jpg

池の小屋まで戻ると徐々にガスが薄くなりつつあり、時たま天狗や久住、星生も見えるようになりました。
f0173067_1623263.jpg

空池越しの久住山
f0173067_163113.jpg

ガスを纏う星生山
天候が回復傾向になり、空もたまに明るくなります。良い感じの雲も有り、今日の夕駆けは劇的なものがありそうな予感がします。でも、日暮れまではまだ時間も有るし、体調も万全じゃないので潔く諦めます。
f0173067_1693746.jpg

今日初めての三俣山。
f0173067_16103350.jpg

西千里を歩いていると星生の稜線が一瞬見えました。
f0173067_16122934.jpg

展望台の温度計は16度を指し、気温の上がらない一日でしたが、レインウェアを終日着ていたのも久しぶりでした。
下山寸前、黒岩山方面も望めるようになってきました。
f0173067_16155380.jpg

ゆっくり歩き、15時30分無事下山。下山後は遠回りしハゲの湯「豊礼の湯」のミルキーブルーの露天風呂に入浴し帰宅しました。
f0173067_16185517.jpg

途中、この空を見てビッグバンを予感。
f0173067_16195120.jpg

久々に下界でこんな夕焼けを見ました。九重の空もどうだったか気になりますが、何か女神からのプレゼントだったような気がします。

来週はいよいよ法華院デビュー。しゅっちゅう行くけど泊まった事無かったんで楽しみです。
[PR]