2008年 06月 08日 ( 1 )

吉部⇒北登山道⇒平治北峰⇒南峰⇒大戸越
⇒北大船⇒大戸越⇒ソババッケ⇒男池
PENTAX K10D
f0173067_16354026.jpg

前日、天気予報が曇りのち晴れから晴れへと変わり、平治のミヤマも見頃を迎えているであろうとの予想で朝駆けすることにしました。
自宅を11時前に出発、友人を拾い一路九重へ。途中、朝・昼の食料調達をしなければとコンビニに寄りました。久留米の1軒目のコンビニではおにぎりや弁当コーナーがあきらかに前日の売れ残り状態。あまり選ぶことも出来ないのでタバコだけ購入しました。まあ、九重までの道中、最後の玖珠町のコンビニにでも寄ればいいだろうと思ってました・・・
ところが玖珠町に入り、最初のコンビニ、わざわざ引き返してまで行った2軒目のコンビニ、まったくおにぎり等のご飯系がありません。こんなことなら久留米で買っときゃよかった、と思うも後の祭り。結局ご飯系は入手できず、この日はパンのみの山行となりました。

四季彩ロードを通り、飯田から吉部へ。有料駐車場にも車がけっこう止まってます。もちろんこんな時間ですから林道脇のいつもの駐車場所へ、でも、残り2、3台の空しか有りませんでした。準備をし、2時すぎに入山します。今日は初めての北登山道です。ゲートを通過し、通常の登山道を見送り、そのまま林道を進みます。200メートル先で右への指標あり、山道に入ります。真っ暗な中、ヘッドランプを頼りに森の中を進みます。静まり返った森の中に「キーン、キーン」と動物の鳴き声が響きます。不気味な感じも、今日はいつもの単独行じゃなく二人なんで心強くズンズン登ります。途中林道を横切り、再度林道に出会った所で右へ、そのまま林道をしばらく歩きます。吉部へのショートカット入口を過ぎ、4号集材路で左に、その先道が大きく回りこむところで左への指標があり、いよいよ核心部へ入ります。

傾斜がだんだん増してきて、おまけに湿った登山道がズルズル滑ります。歩きにくくて、手足をフルに使って登ります。2段梯子(上部の梯子は取り外されてます)を過ぎ、ロープにすがり、息も絶え絶えに平治の尾と呼ばれる台地に着きました。上空は星が瞬き、上々の天気です。黎明も期待できるかな、とワクワクしながら最後の尾根に取り付きました。しかし、ここからがキツイ。登っても登っても傾斜がゆるくなりません。途中1箇所、背後が開けた場所が有り、由布岳が薄墨色の空に浮かんでいます。時間もとうに4時を回り、ちょっと焦りながら登り続けました。すると、ひょっこりといった感じで平治岳の山頂に飛び出しました。
f0173067_17585428.jpg

明けかけてきた空を見るといつのまにか薄雲が広がっています。嫌な感じですが、取り敢えず撮影場所を求めて山頂部を右往左往、北峰では直接日の出を見れる場所がありませんでした。南峰まで行く時間も無いし、結局西側の斜面に三脚を立てました。
南峰を見ると、2,3人のシルエットが見えます。たしか、「九重山行クラブ」の佐藤さんが朝駆けしているはず。電話してみると、見えているのは佐藤さんと、ちょくちょく覗かせていただいてる「眺めの良い場所」のフェアビューさんでした。フェアビューさんにはまだお会いしたことはありませんでしたが、このあと北峰に移動してこられた時にご挨拶出来ました。
夜明けは写真の通り、薄雲に邪魔されてあまり焼けることも無く、平凡に明けていきました。
f0173067_18113434.jpg

夜明けがだめでもミヤマがあるさと、山頂で明るくなるのを待ちます。気温はそこそこあるのに手がかじかみます。夏用の手袋をしても指先が痛いぐらいです。お湯を沸かしてコーヒーとパンの朝食を食べます。
f0173067_1816555.jpg

5時過ぎの明け行く連山を借景にミヤマキリシマを撮影します。訪れる人が少ない今のうちに撮っておかないと、平治岳の今日は間違いなくバーゲンが始まった天神界隈と同じ喧騒に包まれるはずです。ただ、残念なのは青空が無いことです。去年はガス、今年は曇り空、青空は来年に期待します。ミヤマは充分に見頃、来週には満開になるはずです。シャク君も去年に比べて少なく、今年はこのまま眠っていて欲しい感じです。
f0173067_18234532.jpg

f0173067_18242355.jpg

徐々に登山者が現れだし、北峰に移動して来た佐藤さんにも挨拶できました。撮影も一段落、南峰経由で大戸越へ向かいます。
f0173067_18273887.jpg

ベルビア調に現像してみました。ちょっと赤が飽和ぎみかな?

大戸越で通常登山してくる別働隊の友人を待ちながら小休止。そこに大船朝駆けから縦走してこられた「九重の四季」の木下さん、「九重RIDE」のnonoさんkehyさんご夫妻がいらっしゃいました。しばし談笑し、大船方面の情報収集。その後、木下さん達は平治岳へ、入れ違いで「ようこそ九重連山へ」の永松さんが降りてこられました。
f0173067_18394361.jpg

f0173067_1840995.jpg

程なく友人が到着し、大船方面へ出発。いつもながらザレて登りにくく、場所によっては足を置く場所が靴1足分しかない狭い登路に悪戦苦闘しながら北大船着。南側の斜面は今が満開で、とてもきれいでした。ミヤマ越しに大船を撮影、かえすがえす青空が欲しい。
時間は早いんですが、ここで昼食。おにぎりをほうばる友人達を見ながらパンを食べます。
f0173067_18475136.jpg

昼食後、初登山の友人もいることで大船はパスし下山することに。僕もいっしょに男池へ下山することにします。
下山中、平治を見渡すことが出来る斜面で撮影。うんざりするほどの長蛇の列、この時期平治登山はやっぱり早朝に限ります。
f0173067_18515538.jpg

大戸越を経由して無事男池へ下山、おいちゃん家でまたまた佐藤さんと遭遇し、次の予定などをちょっと話した後お別れしました。
f0173067_18581435.jpg

たぶん、今週中には梅雨に入るだろうし、予定が立てにくい時期になってきました。
[PR]