カテゴリ:九重以外の山( 41 )

PENTAX K20D
f0173067_1057268.jpg

やっぱりだ。

「岳」最終話。三歩が居なくなって数年後の話。前話でほとんどそうだろうと思わせて、結局三歩がどうなったかは明らかにせず、読者の推察に任せる形の映画的な手法でエンディング。漫画とは言え、漫画以上の感動を大人に与えてくれ、山への憧れ、登山の普及や安全の啓蒙に一石を投じた良い漫画だった。

もしセカンドシーズンが有るとしたら、主人公は三歩の遺志を継いだナオタか?
三歩を亡き者にするのは寂しいが、お願いだから三歩が生きていて・・・、の興醒めする設定にはしないで欲しい。

More コミック全巻出たら大人買いするか(^^ゞ
[PR]
PENTAX K20D / SONY TX10
古坊中駐車場⇒砂千里⇒中岳尾根出合⇒高岳⇒東峰⇒月見小屋⇒中岳⇒砂千里⇒火口⇒駐車場
f0173067_1454561.jpg

前日まで九重に行こうかどうしようか悩んでいたが、朝駆けには天気が悪すぎる気がして、まして朝からは山開きの驚愕の混雑が考えられる。くわばらくわばら、結局今週は山行しないつもりで居た。

日曜朝、ふと目覚めるとまだ5時過ぎ。明るくなった空を見れば薄曇で雨が落ちてくる心配は無さそうだった。そこで東峰のミヤマも気になるし、砂千里からは登った事が無かった阿蘇に行く事にして6時に家を出た。途中のコンビニで朝食と昼食用の食料を調達し、モグモグしながら山鹿経由で阿蘇へ。

More
[PR]
PENTAX K5
f0173067_1661746.jpg
[画像クリックで拡大]
日・月と師匠オアシスさんが九重で素晴らしい光景を撮っていた。羨ましい限りだ。

僕はどっちかと言えば朝焼けより夕焼けの色の方が好きなのかも知れない。

More
[PR]
PENTAX K5
f0173067_13303413.jpg

[画像クリックで拡大]
眼下に望む尾平と最奥の傾山。折り重なるように流れる尾根が祖母山系の険しさを現している。

この日は山行主体で写真は通常コンデジ。要所要所でザックからDSLRを出す、といった撮り方だったので、中々じっくり撮る事は叶わなかった。そうしないとロングコースでも有り、日没までに下山出来なくなる恐れがあるからだ。熊騒動の中でビバークはしたくないもんね(笑)

More やっぱり祖母は大きい
[PR]
SONY TX10 / PENTAX K5
尾平登山口⇒黒金尾根⇒縦走路出会⇒天狗岩⇒ミヤマ公園⇒障子岳⇒
              古祖母山⇒尾平越⇒トンネル登山口(大分側)⇒ショートカットを経て尾平登山口
f0173067_158797.jpg

今回は純粋に登山を楽しむ為に祖母山系に行ってきた。友人のクーチー君が祖母を語るには黒金尾根を登らないと・・・と聞きかじった事を言っていたので、別に祖母は語らなくてもいいんだが、友人の有り難いのか有り難くないのか、まあ、有り難いことにしておくが、ほとんど九重専門の僕は祖母はお手軽に北谷からしか登ったことが無かったので一緒に登る事にした(笑)

AM3:30集合。メンバーは僕とクーチー君、それにクーチー君の同郷の後輩S君の3人だ。九州では屈指の標高差を誇る黒金尾根の登山口、尾平を目指して走り出した。
車中では、無類の猪好きで、最近の祖母山系での熊目撃情報についてかなり突っ込んで下調べをしてきていたクーチー君の「今日は熊ばぜったい探すぜ~!」の指令があり、最初に襲われる役(一番若いS君)、次に襲われる役(カメラは有るが腕が信用できないクーチー君)、最後に襲われる前に決定的な場面を撮影する役(取り敢えず瞬間だけは逃さないであろう僕)等分担もはっきり決まっていたが、実は登山口で3人が3人とも熊鈴をいそいそザックにぶら下げていた軟弱な3人組でもあった(笑)

More 作成中に大きな間違いに気付いた^_^;
[PR]
PENTAX K5
f0173067_10514988.jpg
[画像クリックで拡大]
最近飲んだ翌日からお腹の調子が悪くなる。今回も昨日から・・・、今日もまだおかしい^^;

ちょっと個人的に。クーチー君、N君、Michiyoっしゃん、久し振りの家飲み会超面白かった。嫁さんを入れての同級生5人、すっかり30年前にタイムスリップしたみたいだった。焼酎はちょっと足りなかったみたいだけど、まだビールはいっぱい余ってる。家に置いておいても年越すのは必至なんで、いつか取りにおいでよ(笑)

More 似たような画角でm(__)m
[PR]
PENTAX K5
f0173067_17504719.jpg
[画像クリックで拡大]
先日の根子岳より。朝日に輝く天狗峰。

More
[PR]
PENTAX K5
f0173067_11315420.jpg
[画像クリックで拡大]
週末の荒天スパイラルから抜け出せない(ーー;)

土曜は朝駆けして、その後初めて臼杵の「竹宵」に行く予定にしていたのだが。この予報じゃ行くに行けない。臼杵まで行って雨で中止にでもなった日にゃあ、泣くに泣けない。
雨ならバルーンも駄目だろうし、また「あ~あ」の週末か。

More 最近はすべて予約投稿で
[PR]
PENTAX K5
f0173067_10401942.jpg
[画像クリックで拡大]
昨日は終日雨の中ソババッケの紅葉散策。カメラもレンズもザックカバーを掛けていた筈のザックの中もビショビショ。写真もまったく大したものは撮れなかった。

先日の根子岳から。RAW現像ついでにPENTAX独自の銀残しで遊んでみた。

More 後は普通の写真
[PR]
PENTAX K5
f0173067_139199.jpg
[画像クリックで拡大]
駐車車両無しの上色見の登山口から4時に入山。アキレス腱が痛くなる急登を頑張る事1時間半、5:40に山頂着。見回すと東側を中心に広大な雲海が広がっていた。紅葉調査に来たはずなのに、1粒で2度美味しい何かのキャッチフレーズのような登山だった。

しかし、下山時の最後の撮影ポイントで愕然。

やらかした~(T_T)

どうもおかしい、と感じながら撮ってはいたんだけど。何処のメーカーでもピクチャー・・・、クリエイティブ・・・とかの色合いのプリセットが有ると思うが、PENTAXにもカスタム・イメージと言うプリセット・モードが有る。僕は通常は「雅」と言うモードにセットしっぱなしなんだが、何と今回「ほのか」と言うモードになっていて、「ほのか」は名前の如く色をほのかにコントラストを弱めパステル調に仕上げるモードだから色が薄い。撮ってる時に液晶で確認する写真の色が薄くて、露光オーバーになってるのか、測光を何度も変えたり、露出補正で最高の-5まで落としたりしていた。てっきりK5の不具合でそうなっているものと思い込んで、ガッカリしながら撮っていた訳だが、「ほのか」ならばそうなって当たり前の話、いつ変わっていたのか、変えた記憶も無いし。

と言う訳で、今回の写真は取り敢えずRAW+で撮ってはいたんで、JPEGは全滅でもRAWからの現像でアップは出来るが、何分露出補正-3~-5の写真しか無い(ーー;)

ちょっと微妙に見えるのはその所為です。

More
[PR]