カテゴリ:九重以外の山( 41 )

SONY NEX-3
上畑⇒九折越⇒後傾⇒山頂(ピストン)
f0173067_22591294.jpg

震災から早2週間、被災された方々からすれば果てしなく長い2週間だったと思う。そしてまだまだ試練は続いている。自分自身、被災地から遠い九州で何か力になりたい、何か出来る事は無いか、悶々とした日を過ごして来た。気分的にもまったく落ち込んだままで、BLOGを書く気にもならなかった。今もまだまだそうなんだが、書けば書くほど、読めば読むほど空虚な言葉の羅列に思えてしかたがなく、当面WEBは見ない事にしていた。

ただ良く考えてみればいつまでも沈んだままでは居られない訳で、取り敢えず自分に出来る事はやったし、これからも継続的に支援していきたい。被害が無かった西日本の人間から元気を出して被災地を支えていかないと日本が成り立たない。被災者や今も原発の被害を食い止めるべく命を懸けて戦っている方々、自衛隊、警察、消防他すべての人に感謝とエールを送りつつ、空元気を出してBLOGを再開していく事にした。


気分転換に朝駆けしようと思っていたが予報が微妙だったため決心出来ないでいた金曜、T君から傾山登山の誘いの電話。久し振りに2人で登ることにした。傾山は数年前に僕とT君、それにO君を加えた3人で登ってO君が起こした三ッ坊主遭難騒ぎで大変な目にあって以来になる。
今回、写真は記録程度なんでDSLRや三脚は持って行かず軽いNEXのみとした。

まだ薄暗い中、上畑の駐車場に着くとチラホラ雪が舞っている。病み上がりのT君のリハビリを兼ねた山行の為、出来るだけショートカットで行こうと車で林道を登り上の登山口まで行った。準備を済ませ7:10入山。最初からの急登に3週間ぶりで息が上がる。登山道にはうっすら雪が積もり、所々踏み跡が分かり難い所が有るが、テープを探しながら登って行った。途中色々な事を話しながら、気の置けない友人との山行はやっぱり楽しく、沈んでいた気持ちも徐々に癒されていく気がしていた。ただ祖母・傾山系をホームとするT君ほど僕のテンションは上がらなかったが・・・(笑)
1000m、1100mと100m毎の標識に力を貰いながら九折越へ。ここまでは雪とガスの中だったが、小屋で休憩中には日が射す事も有った。30分程休憩し千間尾根から山頂を目指す。ここまで誰とも出会わず静かな山行だったが、結局下山するまで登山者は現れなかった。ガスに包まれて展望が開けない中、1時間ほどで後傾を経て山頂へ。

山頂は-6℃、風はたまに横殴りに吹いてくるが常時吹いている訳では無く、朝駆けと違ってのんびり出来る。ただ時折風に煽られて枝に付いた雪が降り注いでくるのには閉口したが。お湯を沸かし、カップ麺とおにぎりでお腹を満たす。山頂はガスに包まれたままで展望はまったく無い。食事後に後10分待って回復しなければ下山しようと二人で話していたら、その声を聞いていたかのように青空がのぞいて来た。完全に回復しそうには無いが、祖母から大障子の稜線も見えてきた。
しばらく展望を楽しみ下山する。下山時には雪は大分融けていて、ぬかるんだ登山道に滑らないように注意が必要だった。

下山は休む事無く一直線に下山完了。実はT君には登山以外にもう一つの目的が有ったようで、それが表題の「アカ」との再会だった。去年、単独で同じコースを登った時にガイド犬さながらの犬がずっと九折まで案内してくれていたらしかった。かなり印象的な出来事だったらしく、登る時からずっとその事を話していた。付かず離れず、たまに側に来たかと思うと、またすぐ先行し、食事中も一緒で結局下山まで同行したらしい。下山時に飼主に会った時に登山者が大好きな猟犬と言う事を聞いていたらしく、今日も「アカ」が出てこないかなぁ、とずっと言っていた。そこで下山後うろ覚えの場所を駄目元で尋ねてみるとドンピシャ。感動の再会だった。ただ「アカ」は猟の時に他の2匹と一緒にイノシシの反撃に合い大怪我をしていたらしく、お腹辺りに大きな縫合跡が。今はもう大分回復し元気一杯だったが、今後間違い無くT君は傾に来る時には「アカ」に会いに行く筈だ。

More
[PR]
PENTAX 67 / FUJI VELVIA50
f0173067_12583630.jpg

難所ヶ滝から。中判用のレンズ、もう少し広角が欲しい。

明日の朝駆けは良い雪景色が見れると良いが。

More あと2枚
[PR]
PENTAX K20D
f0173067_11385867.jpg
[画像クリックで拡大]

More あと数枚
[PR]
PENTAX K20D / 67
f0173067_11525259.jpg
[画像クリックで拡大]
福岡都市圏近郊の三郡山、1時間も登ると現れる難所ヶ滝。宝満山系と言っても良いと思うが、恥かしながら初めて行ってきた。日頃九重以外はほとんど行かないが、昨日今日の荒天予報で急遽金曜に得意の始業前登山としゃれこんだ。
初めて見る難所ヶ滝は立派に凍結し、ここが福岡県内の低山のその又中腹に有る事を忘れさせるような迫力。行って良かった。ただ時間が押してた為撮れたのは正味30分。もっとじっくり撮りたかったなぁ。

More 後数枚
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_1151526.jpg
[画像クリックで拡大]
そろそろ飽きてきた?いやいや、まだまだ続ける予定だ。

先程混み始める前にと、そばの大砲本店でラーメンを食ってきたが、「黒とんこつラーメン」がメニューに加わっていて試しに食べてみた。馬油を使ったピリカラの豚骨で、もやしがトッピングされていて、チャーシューもいつもと違い厚切りの1枚もの。食べた感想は・・・、たまには良いけど。やっぱり大砲は普通が一番!あくまで僕的な話だが、昔ラーメンや黒とんこつよりもベーシックなとんこつラーメンが一番旨いと思う。

More 後数枚
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_1113199.jpg
[画像クリックで拡大]
K10Dが出す色は非常に好きで中々代替が出来ないでいるが(K-7はとうとう物に出来なかった)、さすがにこういうシーンは10M機では重荷なのか?細かい枝なんかが多いともう少し精細感が欲しくなる。良く解像はしているとは思うが、フルサイズ機、たとえば5DⅡあたりの絵と比べるとその差は大きいと言わざるを得ない。

早くK-5来ないかなぁ・・・(^^ゞ

More 後何枚か
[PR]
PENTAX K10D / 67
(6日)大戸尾根登山口⇒根子岳東峰⇒縦走路途中まで⇒登山口⇒砂防提⇒登山口⇒馬子草温泉「きずな」
(7日)「きずな」⇒男池⇒黒獄荘登山口⇒雨堤⇒男池⇒牧ノ戸⇒下城大イチョウ⇒鍋ヶ滝⇒自宅
f0173067_741779.jpg
[画像クリックで拡大]
あまりにも素晴らしい紅葉だった。大船で出遅れ、三俣に振られ、肥前ヶ城で再度出遅れ、九重の女神に翻弄された短い秋だったが、ここ根子岳で思いが成就した。日頃Blogにアップする写真はJpeg撮りだったが、今回はちょっと力を入れてRAW現像したものをアップする(でも面倒なんでトップ写真のみ)(^^ゞ

バルーンに続く何ちゃって登山隊番外編、珍しく天候もタイミングもバッチリの山行であった。金曜深夜、待ち合わせの小国の道の駅で山下〇長と落ち合い、大観峰に移動し吉開さんを待った。その後、ちょっとしたアクシデントは有ったが無事合流し、ボッチさんが待つ宮地のローソンへ。

ボッチさんも合流し、駐車場所を心配しながら4台で登山口へ。箱石峠を越え6時前に作業小屋裏の駐車場に着いたが既に満車。先のスペースに何とか駐車し準備後入山した。

続きはココ
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_20161530.jpg
[画像クリックで拡大]
6日土曜日に何ちゃって登山隊番外編として阿蘇根子岳紅葉登山に行って来た。その後、九重好き好き同好会の例会に参加し、今日はゆっくり黒岳周辺散策、鍋ヶ滝と回り先程帰宅した。根子岳のあまりに素晴らしい紅葉に感動の連続だったが、感動のおすそ分け、速報で1枚だけアップする。ぜひ拡大して見て欲しい。九重とはまた違った豪華絢爛、金襴緞子の紅葉だ。天狗峰を入れた定番ショットだが、定番の定番たる所以、やっぱりこのアングルだ。

後はまた後日。
[PR]
NIKON D90
f0173067_10192926.jpg
[画像クリックで拡大]

ほとんど前回と似たアングルになるが、残りを少し。この日はどっちかと言えばフィルム撮影に比重を置いたのであまり変化が無い写真が多かった。なるべく人を外して撮ろうと思ったが、ファインダーでは気付かないがいつの間にか頭が入ってたり、帰ってモニターで見てがっかり、が非常に多かった。

でも鷲ヶ峰付近にガスが掛かってきて良いタイミングだったが、所詮僕の実力じゃ幻想的になんか撮れやしなかった。ま~しゃーないか(苦笑)

代わり映えしない写真はココ
[PR]
NIKON D90 / F100 / PENTAX6×7
f0173067_10251132.jpg
[画像クリックだ拡大]
草千里に着いて大津側の夜景を撮り、烏帽子岳方面へちょっと登って行った。登山靴なら気にならないが、朝露に濡れた斜面でスニーカーがびしょ濡れになり、靴下まで湿ってしまった。ご来光がどこから現れるのか、まったく予想がつかず、まあ結局レンズ選択のミスになってしまうんだが、ホームグラウンドじゃないので難しい(ーー;)
今後も折を見て通ってみようかなぁ。(九重の女神のご機嫌を損ねない範囲で)

のんびり草千里の馬達も
[PR]