<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

PENTAX K10D / NIKON F80
牧ノ戸⇒沓掛山⇒久住避難小屋⇒御池⇒天狗ヶ城⇒避難小屋⇒天狗ヶ城⇒吊尾根経由⇒御池⇒牧ノ戸
f0173067_13431797.jpg

土・日で師匠を真似て別荘泊の夕・朝駆け2連荘に行ってきたが、結果は夕駆けは撮るものも無い「大撃沈」、朝駆けは毎度のガスに悩まされた
「半撃沈」、女神の厳しい洗礼を浴びてきた。アップする写真にも困る程の成果しかなかったが、別荘の寝心地を確かめただけでも・・・。

続きはココ
[PR]
f0173067_10253315.jpg

昨日は亡き親父の10年目の命日だった。69才で亡くなった親父だが、息子から言うのも何なんだが、厳しさとチャメッケの同居した頼りになる親父だった。
あっという間の10年。孫もそれぞれ大きくなり、一人は社会人、後はまだ学生だが、それぞれの青春を謳歌しているみたいで、親父も安心している事だろう。
昨夜は母と兄家族、僕の家族で供養の膳を囲んだんだが、はたして僕は僕の子ども達からは頼りになる親父と見られているのだろうか?はなはだ疑問だ。


日曜日の事、朝早く旅行に行く嫁さんを送った後クッキーと散歩した。しかし、昨日の天狗の肌寒さとは別世界の暑さにすぐ方向転換。少しでもと「涼」を
求めて矢部村へ行った。少しは涼しくなれるかな、との思いだったが、自宅からはそれでも1時間強懸かるので、その間運転中耳元でハッハッハッハッ
ずっとクッキーの呼吸を聞かされ続け余計に暑苦しくなってしまった。

どうでもいい続きはココ
[PR]
by gin_mh | 2009-08-25 11:03 | 雑記
f0173067_17154332.jpg

本来ならば22,23日でテン泊予定だった。その為に盆休も1日減らしていたが、土曜午後から仕事が入り、おまけに日曜日は嫁さんの
旅行の送迎。「なに~ぃ、上高地だ、高山だ、白川郷だ。」なんで山にも写真にも興味が無い嫁さんが行けて僕が仕事なのか。
世の中不公平だ!

と愚痴はコレくらいにして、仕方が無いので午前中勝負で朝駆けに行ってみた。結果は写真で判るように大撃沈。夜明けは無彩色の世界
早々に下山して高速に乗ったが、日田の先からバケツをひっくり返したような豪雨。幸い鳥栖に着くと雨も上がり、無事仕事をこなす事が出来た。

続きはココ
[PR]
f0173067_9445132.jpg

昨日に続いて。HDRも写真としてはどうかとも思うが、表現手段の一つとしては有りかな、と。フィルム主体の人も重ねたり色々してるし。

JADOUの流れとして。

後数枚
[PR]
by gin_mh | 2009-08-21 09:50 | 写真
f0173067_9592018.jpg

1枚のRAW画像からのHDR化。本当は段階露出するべきなんだろうが、物臭で。現像時に+3EVもすればノイズが酷くなるのは周知の事実なので御了承を。

後2,3枚
[PR]
by gin_mh | 2009-08-20 10:42 | 写真
f0173067_9374343.jpg

日が落ちていよいよ大人の部。さすがに千人の踊り手となると入場するのも一仕事。でも、整然と、静々と、遠目には判らないが若い人も
昔の若い人も並んで入場してくる。

続きはココ
[PR]
by gin_mh | 2009-08-19 09:47 | 写真
f0173067_10463014.jpg

今日は寝冷えしたのか朝から調子が悪く耳鳴りがしている。おまけにパソコンもおかしくなって、blogを書いてアップする段階で
エクスプローラーが落ちてしまい、嫌になってしまった。


日曜日、九国大付属の勝利を見届けた後、山鹿の灯籠まつりに行ってきた。千人踊りを見たかったからだが、行く価値は充分。
写真的には換算450ミリでもちょっと短く、ストロボももちろん届かないのでちょっとどうやって撮って良いのか判らなかったが
幻想的で素晴らしいおどりだった。

ちなみに上の写真はホワイトバランスの間違いじゃ無く、そんな照明だった。でも、みんなどうやって撮っているのだろうか?

続きはココ
[PR]
by gin_mh | 2009-08-18 10:54 | 写真
f0173067_1343782.jpg

男池、おいちゃん家の「夏」

朝駆け下山時に牧ノ戸コースで見かけた花はココ
[PR]
牧ノ戸⇒沓掛⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城⇒吊尾根⇒御池⇒避難小屋⇒牧ノ戸
PENTAX K10D / CANON AE-1P
f0173067_21304673.jpg

前日夜の飲み会をノンアルコール・ビールで凌ぎ切り、帰宅後すぐ九重に向けて出発。途中、黒木町を過ぎ矢部村に掛かる頃から雨模様。
予報は回復傾向、取り敢えず行ってみなければ。小国のコンビニで食料調達後、瀬の本まで来てみると物凄い濃霧のお出迎え。山頂は抜けて
いる事を祈って牧ノ戸1時着。視界5メートル程で駐車中の車も見えない。おまけに雨も酷く窓をバチバチ叩いている。40日ぶりの朝駆けがコレ
とは、凹みまくりの僕だった。待つか諦めるか、かなり悩んだが2:30まで待機する事にして1時間ほど仮眠した。アラームが鳴るのとほとんど同
じ頃救世主が現れた。ボッチさんだった。いくらなんでもこのガスと雨、一人じゃ完全に諦めている所だが、二人ならばと、相談して決行することにした。

続きはココ
[PR]
f0173067_10455691.jpg

梅雨明けしたにも拘わらず相変わらず晴れたり、曇ったり、降ったりして安定しない天候が続いている。いったい今年の夏はどうなったんだ。
竹田の土砂崩れも犠牲者が出なかった事が不幸中の幸いだが、珠に通る道だけにちょっとびっくりする。今日も九重は降ってるみたいだが
朝駆けに今晩から向かうつもりなので早く回復して欲しい。でも急遽飲み会が入った為、果たして飲まずに出発出来るか?

ネタ無しの為、過去の写真をミニチュア化、第3弾。

続きはココ
[PR]
by gin_mh | 2009-08-13 10:57 | 写真