<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

PENTAX K-7
f0173067_11541811.jpg
[画像クリックで拡大]
昨夜遅く遠路受験に行っていた末娘が帰って来た。敢えて出来は聞かなかったが、気持ち的にはどっちでも良い気分だ。



「遠くの国立より近くの私大」



正直そう思う。

後2枚
[PR]
PENTAX K-7
f0173067_1131510.jpg
[画像クリックで拡大]
中岳

今日は耳鳴りも少し治まっている。このまま沈静化してくれれば良いが、はたしてどうだろうか。

九重連山を数枚
[PR]
PENTAX K-7
f0173067_12382454.jpg
[画像クリックで拡大]
朝駆けに通っていると樹氷を見てもそんなに感慨は沸かなくなってきたが、逆光に輝く樹氷はやっぱり美しい。

土曜の朝駆け時にも既に鳴っていたんだが、両耳の耳鳴りが酷くなってきた。左は高周波でキーン、右は低周波でブーン、電話が
聞こえ辛くて仕方が無い。今まではどちらか一方だったが、今回は両方。風邪気味の時に起こる現象だが、耳鼻科に行ったが良い
のだろうか?

後一枚
[PR]
by gin_mh | 2010-02-24 12:47 | 写真
PENTAX K-7
f0173067_181551.jpg
[画像クリックで拡大]
「どうせ飛ぶなら真上に飛んで来い!」
CMOSのゴミみたいにしか写っていないが、去年から九重上空でちょくちょく見かける熱気球。
山頂の寒さからして、果して気球のゴンドラはどれだけ寒いんだろうか?バーナーの熱気で少しは暖かいものなのだろうか?

いずれにしても高所恐怖症の我が身、一生縁の無い世界だ。

後何枚か
[PR]
PENTAX K-7 / NIKON F80D
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒久住東稜⇒久住山(ピストン)
f0173067_14204876.jpg

山の天気は本当に予測が難しい。

金曜までの寒波で「くじゅうのそら」で見る三俣は真っ白。土・日に掛けて寒波は緩み暖かくなるらしいので、白銀の夜明けを堪能するには
日曜では遅いだろう。これは土曜に行くしかない。しかし、土曜は仕事が有る。ジレンマに悶々としながら、結局バタバタにはなるだろうが
土曜に朝駆けする事にした。

牧ノ戸で2時間程度仮眠を取り、たまたま一緒になった「山頂目」さんと3:30過ぎに入山した。牧ノ戸コースのコンクリート道は積雪は有るも
のの凍結部分は少なくアイゼンを装着しないでなんとか登ることが出来た。上空はガスなのか、星も見えずに、嫌な予感がしていたが快晴
予報を信じて登って行った。ケルンの広場で先行者のライトが2、3個見え隠れしていたが、周囲の稜線は見ることが出来なかった。

扇ヶ鼻分岐で樹氷の着きを確認しつつ、西千里へ。本来ならば星生で夜明けを迎える心算だったが、早すぎて山頂待機が長くなりそう
だったので、取り敢えず避難小屋まで行く事にした。小屋前の広場はホワイトアウト状態で、段々ガスが濃くなって来ていた。

しばらく時間調整し、中岳方面へ行かれる山頂目さんを見送った後、下山の時間を考え久住東稜に行こうとしていたら大島さんが登って
来られた。挨拶後、大島さんは天狗へ行かれるとの事だったので先に小屋を後にした。

最後の斜面を登り東稜先端まで来てみると先々週の大船と同じくらいの強風が吹いていて、露出している顔が痛い。薄っすらと明るく
なりかけてきているが展望は全く無い。三脚を立ててはみたものの風で倒されて安定しないので、ストーンバックに岩を詰め込み何とか
倒れないようにセットした。気温は-10℃、体感はそれよりもかなり低いはずだった。

7時前のご来光の時間を迎えてもガスが薄くなる気配も無く、結局夜明けは撃沈。最終的には晴れるはずだが僕のリミットは8時なので
ジリジリしながらガスが収まるのを待っていた。僕以外に東稜は一人朝駆けしている人が居たが、あとでみどりデミオさんだと気付いた。

続きはココ
[PR]
NIKON F100 / KODAK E100VS
f0173067_10444361.jpg
[画像クリックで拡大]
昨日のバレンタインデー、研修で福岡の某所に1日缶詰。山行も出来ず、研修帰りに近くの石井スポーツを覗いたぐらい。
帰ったら、嫁さんと娘達からそれぞれ「モロ義理チョコ」が。せめて嫁さんぐらい「本命チョコ」くれてもいいんじゃないかな・・・
と思った次第。

後数枚
[PR]
by gin_mh | 2010-02-15 10:52 | 写真
NIKON F100 / KODAK E100VS
f0173067_15292479.jpg
[画像クリックで拡大]
山頂人物編。何回やってもフィルムスキャンが上手くいかない。

後数枚程
[PR]
by gin_mh | 2010-02-13 15:33 | 写真
PENTAX K10D
f0173067_14535784.jpg
[画像クリックで拡大]
大船御池周りの樹氷を。写真では青っぽく見えるが、腕が悪いだけで実際は陽光に照らされて真っ白に輝いていた。

後7枚
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_10425091.jpg
[画像クリックで拡大]
この日はホントに寒くて、風もメチャメチャ強くて、岩の上に乗って写真を撮ろうとすると飛ばされそうで、思ったようなアングルで
撮る事が出来なかった。おまけに初めて使う魚眼レンズの特性がイマイチ解らず、試行錯誤したいけどそれも出来る状況じゃ無く
結局ナンダカナァの出来。ただ、場面場面で効果的に使えれば面白い写真が撮れるのは何とかわかった。

早く中古の出物が見つからないかなぁ(^^ゞ

後数枚程
[PR]
PENTAX K10D / NIKON F100
ガラン台⇒鳥居窪⇒大船山頂⇒御池⇒東尾根⇒前セリ⇒ガラン台
f0173067_136880.jpg

久しぶりの大船、中々一人では朝駆け出来ない山だ。奇人変人の師匠オアシスさんならいざ知らず、一般人の僕はガラン台や男池の
森の中を夜中に一人では歩けない。と言う事で、今回はHEROさん、ボッチさん、山下さんと4人でガラン台コースで朝駆けした。
このコース、冬場はゲートが開いていて上の駐車場まで車で行けるので3,40分は短縮できる、はず。急なコンクリート道も凍結も無く
スムーズに駐車場まで登って行く事が出来、3時過ぎに入山する。

続きはココ
[PR]