<   2011年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

PENTAX K20D
f0173067_15125363.jpg
[画像クリックで拡大]
ネタ切れの為在庫から^^;

ちょっと遅きに失した感が有るが日本代表、よくやった!(^^)!
押されに押された試合を物に出来るチーム、韓国戦の逃げ切り失敗の教訓を生かした良い試合だった。攻撃のバリエーションは香川が抜けてちょっと物足りなかったが、パワープレー一本やりの豪州よりは遥かにチャンピオンらしいチームだ。嬉しくて表彰式まで全部見ていたら3:30、何とかならんか、バーレーン。最後の花火は凄かったが、間延びした表彰式。選手も疲れていたろうに延々立ちっぱなしで。

そして今朝の積雪。何時もは30分ぐらいの通勤が今朝はなんと3時間(-_-;)
久々の早出だったのに完全に遅刻、2時間以上早く出たのにいつもと変わらない出勤時間だった。何処を走っても大渋滞、幹線は完全にマヒ状態。田圃や側溝に落ち込んだ車を3台も見た。
[PR]
PENTAX K5
f0173067_18462257.jpg

PENTAXの現行DSLRに付いているデジタル・フィルターの1種「銀残し」。映画風にコントラストを上げて彩度を落とすらしい。ちょっと使ってみた。新年の祐徳稲荷から。

そうそう、昨日K5が修理から戻ってきた。やっぱりCMOS交換だった。

More 普通に撮ればこんな感じ
[PR]
by gin_mh | 2011-01-28 18:55 | 写真
PENTAX K20D
f0173067_1344311.jpg
[画像クリックで拡大]
日韓戦は興奮したが、今週末のオーストラリア戦も面白い戦いになりそうだ。香川が抜けるのはちょっと痛そうだが、今回の香川の出来なら何とか控えでカバー出来るだろう。寒波で朝駆け出来そうも無いのでタイミングはちょうど良かったと言えばちょうど良かった。

More 海老のシッポ達
[PR]
PENTAX K20D
f0173067_1347932.jpg

やっぱり写真がうまい人は撮る姿もさまになるなぁ。8日の山行から。



これだけ持ち上げれば

More 心当たりのあるあなた、なんかチョ~ダイ(^^♪
[PR]
PENTAX K20D
f0173067_12453581.jpg
[画像クリックで拡大]
柔らかい、と言うか弱い西日を受けてこの日星生が輝いたのはわずか2,3分の間のみ。ファインダーを覗いている間にみるみる色が失われていった。

More あと数枚
[PR]
PENTAX K20D / Z1P
牧ノ戸⇒扇ヶ鼻分岐⇒久住避難小屋⇒扇ヶ鼻分岐⇒星生坊主⇒牧ノ戸
f0173067_1156880.jpg

[画像クリックで拡大]
前日まで朝駆けするつもりでいたが、どうしても日本代表戦をリアルタイムで見たい気持ちが募り、夕方になって急遽変更。ゆっくり自宅で応援(NAVIの画面じゃボールは追えないし)、ゆっくり寝て土曜11時自宅を出発した。1時半頃に牧ノ戸に着き、準備をしているとsumiさん登場。sumiさんも夕駆けするそうで、師匠である木下さんの車も止まっていて既に入山されているようだった。準備を済ませて2時過ぎに入山。最初のコンクリート道はまだまだ雪はたっぷりで、かなりの人が歩いているにも係わらずサラサラのままの状態で足裏に雪のフワフワ感を感じながら歩くことが出来た。薄着で登っているのに沓掛の展望台まで来る時にはもう汗びっしょり。取り敢えず避難小屋で着替える事にして汗は無視して、それでもトレースが狭い為に離合に気を使いながら登って行った。

段々見えて来る山肌は8日と違いトロトロの雪、とまではいかない程度少なくなっていた。なるべくきれいな雪面を撮りながら扇ヶ鼻分岐、星生分岐を過ぎ星生崎下の岩場を超え避難小屋が見えるところまで来ると、遠くの斜面を星生崎に登る人影発見。青いアノラックに赤いスパッツ、あれは木下さんに違い無い。大声で呼び掛けるとやっぱりそうで、斜面越しにしばし情報交換。夕暮れを迎えようと思っていた久住分れ上ノ台は余り芳しくない様な感じだったんで、避難小屋で休憩後扇ヶ鼻分岐から星生に登るルート上の星生坊主(扇ヶ鼻分岐から見て僕が勝手に呼んでるだけだが)から一番きれいに雪面が残っていた星生南西斜面を撮ることにした。

避難小屋でコーヒーを飲みしばし休憩、4時を回り最終地点に移動する。分岐からもトレースは付いていて難無く(難無くとは言え、高所恐怖症の僕にはちょっと難有りだったが)到着する事が出来たが、一つ誤算が有り、潅木に遮られて背後がまったく見えなかった。アングルが西千里方面のみに限られ、背後に沈む太陽や焼けるであろう空を見る事が出来なかった。この時間からうろうろするのも気が進まず、しかたがなくもそこに腰を据えて日没を迎える事にした。

待機中木下さんから電話を貰うも、西千里を挟んで星生崎突端に立つ木下さんは僕からははっきり見えるが、潅木にまぎれて立っている僕は木下さんからは見えないようであった。星生山頂にはsumiさんともう一人の姿が見えた。
夕暮れは僕の方からはよく分からなかったが、どうも霞が有ったようで斜面のアーベントは思っていたより弱くあまり焼けてはくれなかった。それでも何とかほのかに焼ける斜面を撮る事は出来た。

日の入りを迎えると急に風が強く、また冷たくなり露出している顔がビリビリ痺れるようになってきたので速攻で下山する事にした。登りと違って傾斜が急で掴まる所が無い斜面におっかなびっくり降りて行き、なんとか分岐へ。そこからはスピードアップして下山。途中何かの拍子でアイゼンが片方外れるアクシデントも有ったが、あまり必要性を感じなかった為片手に持ったままで下山完了。しばらくしてsumiさんも降りて来て二人で木下さんを待っていたが、帰りの山中の凍結も気になるので後はsumiさんにお任せしてお先に失礼とばかりに帰宅した。

More 続きは写真で
[PR]
PENTAX 67 / FUJI VELVIA50
f0173067_12583630.jpg

難所ヶ滝から。中判用のレンズ、もう少し広角が欲しい。

明日の朝駆けは良い雪景色が見れると良いが。

More あと2枚
[PR]
PENTAX Z1P / FUJI VELVIA50
f0173067_13103681.jpg
[画像クリックで少しだけ拡大]
昨年最後の山行から。

数日前から右足の裏に違和感が有って何か痛かった。歩く時に段々痛くなってきたんで見てみると棘でも刺さったみたいな感じで固くなっている。別に何も刺さってないみたいだし、じっくり観察してみると、中央部は柔らかい。ひょっとしてこれは俗に言う「魚の目」?初めて見たが、どうもそのような気がする。

塗り薬か貼り薬で治るのだろうか?今はまだなんとか誤魔化せるが、これ以上痛くなると山登れ無くなりそう……(ーー;)

More あと数枚
[PR]
NIKON F100 / KODAK EKTACROME E100VS
f0173067_13583570.jpg
[画像クリックで少しだけ拡大]
アングルは以前アップしたデジタルとほぼ同じ。ただ唐突に白飛びするデジタルと違い、フィルムは雪面も空も良く粘って階調が残っている。

More 後2枚
[PR]
NIKON F100 / KODAK EKTACROME E100VS
f0173067_12154344.jpg
[画像クリックで少しだけ拡大]
僕がデジタルでは出せない色。この色が出るからフィルムが好きなのかも。解像感やシャープネスなんてどうでもいいとさえ思えてくる。

More あと数枚
[PR]