<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

NIKON D90
f0173067_18221043.jpg

先週は山行無し。完全なネタ切れで・・・(ーー;)

随分前だが、小雨交じりの日に、たまたま近くを通った時に寄り道して撮った九州新幹線を。右上のガラス張りのビルは久留米市役所。

More 体調悪し^^;
[PR]
by gin_mh | 2011-05-30 18:32 | 写真
PENTAX 67 / FUJI VELVIA50
f0173067_18234266.jpg

古祖母から。横を縦にしたような写真ばっかりで恐縮だが・・・^_^;

今日、出勤時に信号待ちしていると、国道に平行した横の駐車場からバックで1台の車が下がってきていた。何気に横目で見ているとどんどん下がってくる。えっ、んな馬鹿な、きっと止まる、止まるはず、え~っ、寸止めか~ (@_@)

ガシャ~ン!

思い切りぶつけられてしまった。
まったく持って何やってんだよ~、横っ腹に突っ込むなんて!文句の一つも言ってやろうと思って外に出て相手を見ると、僕の母親みたいな年齢のおばあちゃん(ーー;)

保険使って息子にバレたら免許取り上げられる。40年運転してきて初めて事故った。どげんかしとったっちゃろ。気が動転したのか言い訳のオンパレード。
まず先にゴメンナサイでしょ。優しく諭すしか出来ません(笑)

車は幸いに山用の軽だったんで、少々の傷は勲章みたくまったく気にはならないが。

あ~、気が重い^^;

More
[PR]
by gin_mh | 2011-05-24 18:44 | 写真
PENTAX 67 / FUJI VELVIA50
f0173067_1361734.jpg

古祖母から。67で撮ったアケボノツツジ。ZOOMに慣れてる身には67の単焦点はなかなか手強い。おまけに気楽に前後に移動出来ない斜面とあっては、思うような画角にする事は難しい。と、言訳しとこぅ^^;

そうそう、このBLOGもおかげさまで3周年を迎えた。もうちょっと続けようと思う(*^^)v

More
[PR]
by gin_mh | 2011-05-23 13:14 | 写真
PENTAX K5
f0173067_1782846.jpg

古祖母から。

漫画の「岳」、いよいよ三歩がヒマラヤへ。何か起こるのか?何も起こらず無事帰国するのか?帰国してからどうなるか、今後の展開のハードルが上がったような気がする。

あと数枚
[PR]
PENTAX K5
f0173067_12354420.jpg

古祖母から。似たような物ばかりもなんなんで今日は趣向を変えて。

あと数枚
[PR]
PENTAX K5
f0173067_12263351.jpg

古祖母から。

過し易い日が続いている。車中は暑いぐらいだが、窓を開けて走れば快適で、日陰にいれば肌寒いぐらいだ。
衣替えの時期に悩む。

あと数枚
[PR]
PENTAX K5
f0173067_12201221.jpg

K5で撮った曙ツツジ。PLとカスタムイメージの「雅」で濃い濃い。でもこれだからこそPENTAXは止められまへん(笑)
ただ、本当の色には忠実ではないので悪しからず。

More しばらく曙シリーズで・・・
[PR]
PENTAX 67 / K5 /SONY NEX-3
尾平トンネル登山口(宮崎側)⇒尾平越⇒山頂手前撮影ポイント(ピストン)
f0173067_1605882.jpg

年に数回も無い我ら「軟弱朝駆け隊」としての九重以外山行。今回は妖精曙ツツジを求めて古祖母まで。でも九重と違ってやっぱり遠い。原尻の滝で車泊し、尾平トンネルの登山口に5時過ぎに到着。先に朝駆け四天王の悠悠さんが居られ、後から大暇さんとGOTOさんの二人が到着。予定を早め6時過ぎに取り付いた。今回、軟弱隊は山頂を踏む気持ちはさらっさら無く、山頂手前の楽園までの予定で、僕もデカザックに67や交換レンズなど久し振りの重装備だった。

More この記事中の写真はNEXで
[PR]
PENTAX K5
f0173067_14155543.jpg

ちょっと前になるが、満開の時に行った三橋町の大藤から。藤棚が鉄骨組みなのが興ざめだが、あれだけ広いとしかたないか。
濃密な藤の香りが漂っていたが、藤棚の下では宴会めいた事もやってるし、食べ物の出店も多くて色々な匂いが渾然一体となっていた^_^;

More
[PR]
by gin_mh | 2011-05-12 14:22 | 写真
NEX-3
内大臣林道⇒杉ノ木谷登山口⇒山頂⇒広河原登山口
f0173067_13132049.jpg

こどもの日の5日、友人3人と国見岳に登って来た。天候は曇り、午後から回復との予報だったが、高速を降りた辺りから小雨模様となり、林道のPに車を止めた時には合羽を着ようか迷うほどだった。しばらく様子見していたが、予報的には良くなるばかりなんで、意を決して入山した。最近どうも雉撃ち名人化した感の有る僕と、標高800mを超えると聖人君子に豹変するいつものパートナー、クーチー君と傾の王子ことO君、それに僕達に無理やり山好きにさせられようとするもGOLFが忘れられない、でもぼやきながらも誘いは断らない男気に篤いN君のオヤジ4人組で、この4人での山行は一昨年登った市房山以来だった。

色んな話をしながら、誰とも出会わない登山道で鹿の群れに遭遇したり、バイケイソウの群落やヒメシャラ、ブナの美林に癒されながらゆっくりペースで山頂へ。山頂でも小雨が降り続いていたが、数組の登山者と写真を撮り合いながら大休止。下山間際にやっと雨もあがって、阿蘇方面もなんとか見えるようになった。今回は写真目的はまったくなかったので数枚撮っただけだった。

下山は新道を広河原方面へ。崩壊地や急傾斜が有ると言う話にビビッていたが、なんという事無く下山。でも時間的には登り下りあんまり変わらなかったような気が。
下山後は美里町の立派な温泉施設で入浴後、高速が帰省ラッシュの渋滞が始まっていたので菊水インターで降りて山鹿で夕食を摂り南関経由で7時過ぎに帰宅した。

More
[PR]