タグ:大船山 ( 23 ) タグの人気記事

PENTAX K5
f0173067_1745887.jpg
[画像クリックで拡大]
11日の大船山御池の樹氷。

おっさんの自虐ネタを一つ(笑)

バレンタインデー当日はちょっと仕事に手間取り帰宅が遅くなった。嫁さんは嫁さんで趣味のソフトバレーに出かけていて不在。
帰宅後、僕は食卓に準備されていた夕食を食べた。その時テーブルの上に見るからにバレンタインのチョコが。

「はは~ん、これは俺用だな。」

いくら義理でもテーブルに置きっぱなしを貰ってもなぁ、と思った僕は知らん顔してそのままにしておいた。僕が2階の部屋に上がってしばらくして嫁さんが帰って来た気配が。その後、風呂に入ったり洗濯したりしていて、そろそろ呼ばれるかなぁ、と思っていたが一向に呼ばれる気配無し。

そして翌朝、テーブルを見るとチョコはそのまま。朝は忙しくてそれ所じゃ無い。その日の夜、帰ってみるとテーブルにはチョコ無し。
いいかげん痺れを切らした僕は

「テーブルに有ったチョコ、俺のじゃないと?」

勝手に我慢比べして、勝手に負けてしまった訳だが

「あら、要るとね。持っていかんけん要らんかと思いよった。そこの引き出しに有るよ」

おいおい、義理チョコぐらい何個かは貰うが、それでも手渡ししてくれてこそ、じゃないだろうか。

僕の心の中は九重の-15℃にも負けない冷気に包まれていた。



子供か!

あ~ハズ(-_-;)

More Blogで段々お里が知れそうな・・・
[PR]
PENTAX K5
f0173067_190178.jpg
[画像クリックで拡大]
まったくもってどうでもいい話。

今日たまたま仕事で久留米大学病院の医局へ行った。駐車場に車を置いて歩いている時に感じた事を少し。

通常、久留米の町を都会だなぁ、と感じる事はほとんど無い。たいして高い建物も無いし、駅周辺も歩いている人は朝晩の通勤時を除いて少ないものだし、アーケードの人通りもほとんど無い。郊外のスーパー辺りは一部賑わっている所も有るが、全般的には沈滞した雰囲気が色濃い。

でもこの病院は古い建物、新しい建物混在で、患者さんを始め、医師、看護士、学生、僕みたいな出入りの業者など非常に雑多だけど人の密度も高い。見るからに遅番の私服の看護士さん達は歩くスピードも速い。乗り込んだエレベーター内での会話も、医師や業者ばかりで、一般の患者さんがいない為に方言は無く、お~、久留米も何か都会なんだ、と改めて感じた(^^ゞ


ひょっとしたらここが久留米で一番都会度が高い場所なのかも(苦笑)

More ドーショーモナイ話で申し訳無し(笑)
[PR]
PENTAX K5 / NIKON F100 / SONY TX10
吉部⇒暮雨滝⇒ボウガツル避難小屋⇒段原⇒大船山頂(ピストン)
f0173067_149511.jpg

[画像クリックで拡大]
見よ、大船の勇姿を。

年間を通しても朝駆けではそんなに行かない大船山。それが年末からでは既に3度目、今回は吉部より暮雨の滝を経由して朝駆けした。遠かった~!

でも嬉しい事に、我、軟弱隊のベンチマーク、山下〇長が目出度く復帰。今までのような頻度では来れないと思うが、とにもかくにも僕がいじれる絶妙の相手の復活、バンザ~イ!!


去年だったか、凍結した暮雨の滝をライトアップして撮りたいね、と〇長やボッチさんと話していた。今年の滝の凍結具合はそれ程でも無さそうだったが、前日の話で今回大船朝駆けを兼ねて行って見る事になった。
深夜12時過ぎにお馴染み軟弱隊の山下〇長、ボッチさん、僕、それに軟弱隊に入れるのは忍びない健脚の大暇さんと4人で吉部を出発。下界の雨がここでは雪だったようで、トレースの無い10センチ程度の新雪を踏みながら最初の急登を頑張った。新雪の下には凍結した部分も有ったが、用心さえすればアイゼンまでは必要なかった。
不気味に静まり返る森の中の登路も、親父4人組で歩けば、それも久し振りの〇長が居れば話題に事欠く事は無く、女子会さながらの会話でそれこそあっと言う間に滝分岐へ着いた。

More
[PR]
PENTAX K20D / NIKON F100 / SONY TX10
有氏P⇒ガラン台⇒柳ヶ水分岐⇒入山公墓分岐⇒鳥居窪⇒展望岩⇒大船山頂⇒御池(ピストン)
f0173067_12395395.jpg

新春2弾は大船。ガラン台のゲートが開かず往復1時間強の林道歩きがプラスとなるロングコース。僕はこのコース、夜間は一人で登りたくない。今回はボッチさんの誘いで、大暇さんと3人の朝駆けとなった。

前日夕方、仕事場から直接九重に向かった。途中、訳有りで来れなくなった山下〇長宅に寄り、居心地の良さと〇長の「俺も行けないんだからお前も行かせないぞ接待攻撃」にすっかり長居をしてしまい、もう今日はここでいいかな、と思ったりもしたが、心を鬼にして〇長宅を後にした。

日田から杖立、小国を経て瀬の本へ。途中路面の凍結も無く順調に走って来れた。小休止の後、竹田方面へ進み、花公園の所で左折、レゾネイド横を通って11時前に有氏P手前の待ち合わせ場所へ。まだ誰も来ていないので1時にアラームをセットし、しばらく仮眠をとる事にした。

More
[PR]
PENTAX K5
f0173067_1311143.jpg
[画像クリックで拡大]
今日もまだ熱っぽいが、-11℃に震えながら撮った大船山御池の樹氷林。ガスに巻かれた山頂がピンクの光に包まれた。ご来光は見れなかったが、その代りに柔らかで美しい光景が広がっていた。

実際、撮影中は身体の底から震えが来て、手ブレさせない様に撮るのが至難だった。だったら三脚使えよ!と言う突っ込みは無しで(笑)

今回、僕以外の軟弱隊が揃いも揃って巻きスカートで防寒(爆)
男子にスカート、ここはスコットランドか?

でもモンベル派もユニクロ派も居たが、暖かそうで羨ましかった。極寒の世界は見栄えじゃないよねぇ。早速ユニクロに行ってみたが、ほとんど売り切れ(泣)

ネットでポチろう。

More でもバルサは強すぎる
[PR]
PENTAX K5 / MZ-7 / SONY NEX3
ガラン台登山口⇒鳥居窪⇒展望岩⇒山頂台地⇒大船山⇒御池(ピストン)
f0173067_11252278.jpg
[画像クリックで拡大]
この冬の九重連山は、雪はたっぷりあるのに思いの外樹氷が着く事が無く、綺麗な樹氷林をまだ見ていなかった。週後半の寒波でライブカメラで見る金曜午後の三俣も真っ白になっていた。そうなると「なんちゃって登山隊」、これはもう今年初の大船山、否応無く全員参加、それに大島さんと後藤さんで6人編成の大パーティでの山行となった。

前夜、瀬の本で仮眠を取り、福岡組5人が揃った所でガラン台に移動。ボッチさんが先に到着していた。牧野道には雪はまったく無く、ゲートが開放されているので登山口までのコンクリート道歩きが30分程度短縮されるので非常に有難い。モタモタと準備を済ませ、登山道の様子も気になるので時間に余裕を持って入山した。

続きはココ
[PR]
PENTAX K5 / MZ-7 / SONY NEX3
f0173067_141453.jpg
[画像クリックで拡大]
昨日、なんちゃって登山隊フルメンバー+2で大船に朝駆けした。山行記は追って書こうと思うが、今日はどうも仲間内で多大な誤解が有りそうなんで笑い話で僕のカメラに対する立位置を書いておこうと思う(笑)。

一番の誤解は僕がカメラをよくトッカエヒッカエしているのは「飽きっぽい性格」に起因しているのではないか、と言う点だが、僕はけっしてそんなに飽きっぽい性格では無いし、飽きたからカメラを変えた事も一度も無い(断言及び苦笑)。良く言えば「コレクター」、普通に言えば「オタク」なだけです(*^^)v
収集癖は食玩に留まらずZIPPOやCD、DVDや衣類、書籍と広範に及んでいる。置くスペースの問題や何より怖い山の神^^;の意向で泣く泣く処分する事も多いが、けっして自分の意思で捨てた事は有りません。カメラも然り、たとえばPENTAXで言えばK-rなど、120種類のカラーリングのカメラを見れば全種欲しい、と思ってしまうような奴なんです。現実に未だに一番好きなカメラはK10Dだったりもするし、並べてニヤニヤ、これが至福の時間だったりもする。そんな人間がカメラに飽きて取り替える、滅相も無い。人が使わなくなったカメラでも有ればすべて引き受けるぐらいの気持ちです(笑)
又、画質にも究極の拘りが有る訳でもないし、それだったらとっくにフルサイズに行っていると思うけど、ただ、写真に対しては自分の好みの問題も有り、色々と使いたくなってくるのも事実で、前機種の不満点がどう解消されたのか、試してみたい気持ちも有る。なんだかんだ言っても、要は集めたいだけ、だが。

誤解している諸君、わかって頂けましたか?

と言う訳で「CONTAX」引き受けますよ!(^^)!

More あと数枚
[PR]
PENTAX K5 / Z1P
ガラン台登山口⇒入山公墓分岐⇒鳥居窪⇒大船山頂⇒御池(ピストン)
f0173067_12363833.jpg
[トップ画像のみクリックで拡大]

昨日大船に朝駆けしてきたが、日の出はガスに遮られて撃沈。2時間ほど待機した後、ガス晴れの素晴らしい光景を目にする事が出来た。3時登山開始、14時下山。都合11時間の登山だったが下山時は山頂の寒さが嘘のようにポカポカ陽気だった。(山行記は割愛)

写真のみのアップで
[PR]
PENTAX Z1P / FUJI VELVIA50
f0173067_11241310.jpg
[画像クリックで拡大]
根性無しなんで大船には67は持って行かず、35ミリで撮って来た。

しかし現像が上がってスキャンしてみるとVELVIAの色はやっぱり強烈。記憶色どころか、スキャンすると赤が飽和している。最近67ばっかりスキャンしていたからだろうか、何か変。レンズの影響も有ると思うが、こんな色鮮やかな風景には35ミリでは役不足なんだろうか・・・。

More ピントも甘いような気が・・・
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_1150299.jpg
[画像クリックで拡大]
クライマックス・シリーズ、何とかならないものか(-_-;)



このままじゃホークス・ファンは悶え苦しみ、生殺し状態。

大船から
[PR]