PENTAX K10D
f0173067_16192741.jpg
[画像クリックで拡大]
NHKの世界を青に・・・、じゃ無いけれど。完全にネタ不足で、先月のひまわり畑から。

昨夜のなでしこJAPAN、やっぱりレギュラーと控えの差は大きいと言わざるを得ない。中国の寄せの速さにトラップミスやパスミスばっかりで、中国の決定力の無さで何とか救われたような試合。落ち着いたパス回しが身上のチームで、昨日の出来ではW杯のような試合は夢のまた夢。五輪本番までには控え組の精度がもっと上がらないと「金」はおろかメダルも難しい気がする。
レギュラーも余り良くなかったけど、まあW杯から日が無く始まった予選だけにコンディションが悪かった、と考えたいが。

特に永里姉妹、要る?
僕はあまり魅力感じないけど、両方とも運動量少ないし。プロの見た目では要るんだろうなぁ。

それより壮行試合で活躍したスピードの有る日テレの木龍とかなでしこで見てみたい。

More ホークスももう少し均等に点取れよ
[PR]
by gin_mh | 2011-09-12 18:00 | 写真
PENTAX K10D / NIKON FM2
牧ノ戸⇒星生山(ピストン)
f0173067_10275868.jpg
[画像クリックで拡大]
「当面朝駆けは止めよう。梅雨明けまではこんな状態が続きそうだし、こう毎度毎度霞の中からのご来光じゃいい加減意欲も無くなって来るのもしかたないってもんだ。」

5時過ぎの星生山頂で聞こえてきた心の声。それでも多分登るとは思うけど、今回もまた同じような夜明けを迎えた。
アラームで一度目覚めたはずだが、二度寝して気付いた時は3時前。慌てて準備し取り付いた。先行者は見えないが、沓掛でずっと先を進む2個のライトを確認した。一人じゃなかった事に勇気をもらいながら休憩せずに登っていく。時間的にはギリギリのタイミングなんで、行先を天狗から星生に変更し、4:10山頂着。東の地平線上は漆黒から既に青みを帯びてきていた。先行者は天狗を登っているみたいだ。下山後に判ったが、その内の一人は山頂目さんだった。後続は眼下の西千里にライトが見えるんで、結局この日の朝駆けは4人だった。牧ノ戸の駐車車両の数からすれば考えられない少なさだ。

山頂の気温は手持ちの温度計で0℃、風もそこそこ有り、体感はまだまだ冬を感じさせるもので、うっすらと霜柱も散見された。そろそろいらないかなぁ、と思っていたダウンとビーニーをザックから引っ張り出して防寒し、ご来光を待った。

夜明け前30分を過ぎても地平線上は染まる気配も見せず、うっすら明るくなってくるだけ。後は淡々と明けていき、充分明るくなってから大船の左肩のずっと上のほうにぼんやりとした太陽が顔を出した。余り撮る気力も無かったが、久し振りに持ち出したK10DでBlog用の写真だけ押さえて、6時過ぎに下山を開始した。

More
[PR]
PENTAX K10D / NIKON F100
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城(ピストン)⇒蛇越展望所⇒由布院散策
f0173067_12436100.jpg

TOP写真、無駄な空間が多い?これは好みだから仕方ない。

前々日までは予報が悪かった土曜日、金曜になって晴れへ変わっていた。その為今週末は予定していなかった朝駆けだが、紅葉追っかけでかなり間が開いたので急遽行くことにした。
12時過ぎ牧ノ戸着。上空にはうろこ雲のような雲が広がっていて焼けを期待させる感じだったが、3時前に仮眠から目覚めるとまったく雲は無くなっていた。外に出てみるとボッチさんの車が止まっていたので挨拶し入山の準備をした。準備中ボッチさんが誰かと話していたので近寄ってみると山靴さんご夫妻だった。先に入山されるご夫妻を見送った後、20分遅れでボッチさんと入山。

続きはココ
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_12282262.jpg
[画像クリックで拡大]
大銀杏を見た後鍋ヶ滝にも寄ってみた。夕方近くになってちょっと暗く、滝も何時もより水量が少ないみたいだったが、それでも訪れる人はひっきりなし。年配の女性グループが三脚を立て撮影中だった。周辺の紅葉はほのかに染まる程度で華やかさは無いが、それはそれでしみじみ味わい深いものであった。

More あと少し
[PR]
by gin_mh | 2010-11-18 12:40 | 写真
PENTAX K10D
f0173067_13142977.jpg
[画像クリックで拡大]
九重好き好き同好会の例会翌日、宿を出て黒嶽荘界隈の散策をした後、前日山下さんから見頃の一報が届いていた帰宅途中に有る下城の大銀杏に寄ってみた。周辺はちょうど祭りの最中で車や見物人が溢れていたが、運良く空いた所にチャチャッと駐車し、チャチャッと見物、チャチャッと撮影してきた。10日前の事だから、もう散ってるかなぁ?

More あと少し
[PR]
by gin_mh | 2010-11-17 13:26 | 写真
PENTAX K10D
男池⇒黒嶽荘⇒雨堤方面⇒男池⇒湯平⇒由布院
f0173067_12593011.jpg

零細事業者の僕が休みのほとんどを山に費やせるのも家族(子供が大きくなった今となっては嫁さんだけだが)の理解が無いと出来ない事だ。家庭の雑事や諸々のほとんどを嫁さん任せにしているのが現状だが、どうも最近嫁さん自身の仕事面とか、様々な問題でストレスが堪り気味のようだ。言葉の端々に時々チクッと射すような険を感じる事が有る。万事敏感な(ホントか?)僕はストレス発散の意味で九重の晩秋を満喫させようと嫁さんを連れ出した。

More 続きはココ
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_218578.jpg

先週に引き続き男池や黒嶽荘周辺の紅葉を見に行ってきた、しかも久々の嫁さん連れで。先週の感じじゃまだ見頃な所が有りそうで、そんなに登らなくて良いから、と言って連れ出したは好いものの実際はほとんど見所無し。おまけに道無き急斜面を小一時間登らせて…、ほとんど収穫無し。これじゃぁ又山に連れて来るのは至難の業になってしまうと思い、由布院まで車を走らせて温泉+金鱗湖界隈の紅葉を。これが何とタイミングバッチリ。散策後、「天井桟敷」でモンユフを食べながら至福の時を過ごしてきた。嫁さんも至極満足げで、帰りの車中ではコックリコックリ。

何でこんなにご機嫌をとらないといけないのか、僕には良く判らない(^^ゞ

More 素晴らしい色だった
[PR]
by gin_mh | 2010-11-13 21:24 | 雑記
PENTAX K10D
f0173067_1151526.jpg
[画像クリックで拡大]
そろそろ飽きてきた?いやいや、まだまだ続ける予定だ。

先程混み始める前にと、そばの大砲本店でラーメンを食ってきたが、「黒とんこつラーメン」がメニューに加わっていて試しに食べてみた。馬油を使ったピリカラの豚骨で、もやしがトッピングされていて、チャーシューもいつもと違い厚切りの1枚もの。食べた感想は・・・、たまには良いけど。やっぱり大砲は普通が一番!あくまで僕的な話だが、昔ラーメンや黒とんこつよりもベーシックなとんこつラーメンが一番旨いと思う。

More 後数枚
[PR]
PENTAX K10D
f0173067_1113199.jpg
[画像クリックで拡大]
K10Dが出す色は非常に好きで中々代替が出来ないでいるが(K-7はとうとう物に出来なかった)、さすがにこういうシーンは10M機では重荷なのか?細かい枝なんかが多いともう少し精細感が欲しくなる。良く解像はしているとは思うが、フルサイズ機、たとえば5DⅡあたりの絵と比べるとその差は大きいと言わざるを得ない。

早くK-5来ないかなぁ・・・(^^ゞ

More 後何枚か
[PR]
PENTAX K10D / 67
(6日)大戸尾根登山口⇒根子岳東峰⇒縦走路途中まで⇒登山口⇒砂防提⇒登山口⇒馬子草温泉「きずな」
(7日)「きずな」⇒男池⇒黒獄荘登山口⇒雨堤⇒男池⇒牧ノ戸⇒下城大イチョウ⇒鍋ヶ滝⇒自宅
f0173067_741779.jpg
[画像クリックで拡大]
あまりにも素晴らしい紅葉だった。大船で出遅れ、三俣に振られ、肥前ヶ城で再度出遅れ、九重の女神に翻弄された短い秋だったが、ここ根子岳で思いが成就した。日頃Blogにアップする写真はJpeg撮りだったが、今回はちょっと力を入れてRAW現像したものをアップする(でも面倒なんでトップ写真のみ)(^^ゞ

バルーンに続く何ちゃって登山隊番外編、珍しく天候もタイミングもバッチリの山行であった。金曜深夜、待ち合わせの小国の道の駅で山下〇長と落ち合い、大観峰に移動し吉開さんを待った。その後、ちょっとしたアクシデントは有ったが無事合流し、ボッチさんが待つ宮地のローソンへ。

ボッチさんも合流し、駐車場所を心配しながら4台で登山口へ。箱石峠を越え6時前に作業小屋裏の駐車場に着いたが既に満車。先のスペースに何とか駐車し準備後入山した。

続きはココ
[PR]