PENTAX K30
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城⇒中岳⇒池の小屋⇒牧ノ戸
f0173067_21573960.jpg

第1級寒波到来の週末、金曜まで予報が曇り一辺倒でヤキモキしていたが、日曜朝の予報が晴れに変わった瞬間朝駆けに行こうと決めた。

金曜深夜、牧ノ戸に着くと、「そりゃあ居るわな、軟弱隊」こんなチャンスは逃さないでしょう(笑)
山下〇長とボッチさんの車が並んで仮眠中。寒波の割には雪が少ない駐車場に止まっている車は7,8台。僕も横に止めて仮眠することにした。

More 簡単に
[PR]
PENTAX K30 / NIKON NewFM2
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒池の小屋⇒中岳⇒池の小屋⇒御池⇒牧ノ戸
f0173067_16175572.jpg


23時過ぎの牧ノ戸は-5℃。風が無い為に寒さは余り感じないが、駐車場はバリバリに凍り付いていた。駐車車両は5,6台で仲間の車は見当たらない。
入山予定を3:30とすると2時間程度は仮眠出来るようなので、携帯のアラームを2:30にセットしシュラフにもぐりこんだ。
(最近替えたスマホでアラームの止め方が判らない為に寝過ごしはほぼ考えられないが、果たしてそれでいいんだろうか?)


コッチにもUPします。

More 簡単な続き
[PR]
PENTAX K30 / NIKON NewFM2
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城⇒池の小屋(ピストン)
f0173067_13354679.jpg

この3連休は予報が悪かった為山行はしない予定だったが、週末の予報では日曜午前は晴れ予報に変わった為に急遽先週のリベンジに行く事にした。

土曜の夜は一番心許せる仲間達との忘年会だったが、飲んだら行けなくなるんでノンアル・ビールでお茶を濁し、一杯飲まそうとする友人達にさんざんボロカスに言われながらも何とか踏み止まり、1時過ぎに牧ノ戸に着いた。大暇さんの車が止まっていたが、今日は保険代わりにボッチさんに電話しておいた為安心して仮眠することが出来た。



コッチにも数枚UPします。

More たいして見るもの無いけど
[PR]
PENTAX K30
f0173067_18573883.jpg

写真撮る時間も無く、今朝出掛けにコイツをパチリ。

もう既に分ってる仲間は分ってると思う。大空さんのこの記事

そうなんです。行ってました、牧ノ戸。仮眠して2時に目覚めて、まだちょっと早いなぁ、と思ったのが運のツキ。次に目覚めたのは6時をとっくに回った頃で、この日は午後から用事が有り、結局泣く泣く登らずに帰りました(泣)

大空さん、そう言う訳です。車には気付いてましたけど、大空さんが入山した時には熟睡中でした。

何回目かなぁ、寝過ごしたの。

More 馬鹿にされるんで書きたくなかったけど
[PR]
by gin_mh | 2012-12-19 20:00 | 雑記
PENTAX K30
牧ノ戸⇒星生崎(ピストン)
f0173067_1540593.jpg

今年初見の樹氷と雪。ほんのちょっぴりだったが冬の訪れを感じるには充分だった。

牧ノ戸10時着。仲間の車は1台も無く、駐車車両も数台と寂しいものだったが、取りあえず3時入山を決めて仮眠した。
アラームで目覚めて周りを見てみるとボッチさんが来ていた。その後、準備中にGOTOさんもやって来た。準備が先に済んでいた僕はGOTOさんのお先にどうぞ、の声にボッチさんと二人で入山した。

More
[PR]
PENTAX K30 / FUJI GA645Zi
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_15404160.jpg

午後からは晴れてくる予報だった日曜日、久し振りに紅葉の残り香と雨上がりのスッキリした日没を撮ろうと天狗ヶ城に夕駆けしてきた。

朝駆けと違ってゆっくり睡眠を取り、12時に牧ノ戸着。途中の道路脇には天気と相まってそれほどの車は止まっていなかったが、駐車場は満車状態。上の段の一番奥にマイクロバスに隠れるように1台分のスペースが有り、そこに留めて準備をした。


お気に入りはコッチに上げます。

More 山行の続きはコチラ
[PR]
PENTAX K30
f0173067_12402426.jpg

我家の洗濯機が逝かれてしまった。今年はレンジも壊れたし、何かと物入りで嫌になる。でも電気店に聞いたら壊れた洗濯機、何と16年も使っていたらしい。充分に元は取れてると思うけど、ついついコレだけ有ったら・・・が買える、とカメラ関係に換算する癖が抜け切れない(笑)



次の壊れそうな大物と言えば・・・、考えただけでちょっとゾッとした(汗)




「光彩の記憶」にもUPしてます。
[PR]
NIKON D600 / PENTAX K30
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒中岳⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_18542753.jpg

詳細は後日、としていたが、時期を失した為に写真のキャプション程度で。

続きはココ
[PR]
PENTAX K30
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_16394978.jpg

本来なら日曜にゆっくり朝駆けしたかった所だが、土曜日の夜は友人達との飲み会が有り、その前には教育実習で自宅に戻って来る娘を福岡まで迎えに行かなければならないと厳命されていて、もちろん飲んだら朝駆けには行けないので、そう考えると土曜の午前しか空いている時間が無かったので、例によってバタバタ朝駆けしてきた。

ただ結果から言うと別にバタバタまでして行く必要はなかったのかな、の夜明けだった(笑)

「光彩の記憶」にも少しUPします。

More おまけに向う脛まで嫌と言うほどブツケルシ
[PR]
PENTAX K30
f0173067_13234795.jpg

今回実戦投入したK30、軽いし写りも僕的にはK5との違いが分からないくらいに良いと思う。

ただ1つの難点を除けば、だが・・・。

これはもう撮影スタイルの相違としか言いようがないと思うけど。
僕は基本的に夜明け前後の明暗差が大きい時の撮影がほとんどを占める訳で、空の色を出したい時、山肌を出したい時等、主題とする被写体に応じてAE-LOCKを掛ける撮り方をしている。それにAFはシャッターと分離させ、AFボタンで親指AFを使っている。その方が薄暗い時にやっと合わせたピントが毎回ジージー動く事も無く、スムーズに撮影出来る。

そこでK30、2ダイアルでK5と遜色無い撮り方が出来ると思っていたら、そこはやっぱりエントリー機種、AFボタンとAE-LOCKボタンが兼用で排他的にしか使用出来ない様になっていた(-_-;)
そうなるとシャッターボタンでのAFにするか、AE-LOCKを諦めて毎回露出補正を掛けるか、のどちらかの選択になると思うが。

今回の朝駆けでは親指AFの設定で、3枚連写のブラケット撮影をしてお茶を濁した訳だが、毎回毎回カシャカシャカシャと周りの仲間には五月蝿かったと思うけど。

次回からはどうしようか。ちょっと説明書でも読んでみよう(笑)



コッチにもアップしてます。
[PR]