PENTAX K-7
f0173067_11251981.jpg

九重からの帰途、黒木町の棚田に寄ってみた。例年寄っている気がするが中々タイミングが合わない。いつも早いか遅いか、それにどれが満開か?感じが掴めない。今年もなんかボリュームが少ない気がして、時期外したかなぁ。時間も日中で日が高く、写真を撮るぞ、と気合を入れて撮る時間帯じゃ無くなっていて、車のエンジン掛けたままチョイチョイと証拠写真だけ撮って来た。

More 後数枚
[PR]
by gin_mh | 2010-09-30 11:39 | 雑記
PENTAX K-7
f0173067_10492453.jpg
[画像クリックで拡大]
先週朝駆けの最後のアップ。今週は週末の天気が芳しくないので朝駆けは行かないだろう。
とするとBlogも放置か?

山頂目さんの完治を祈ってます(-。-)y-゜゜゜

More 後2枚
[PR]
PENTAX K-7
f0173067_10415659.jpg
[画像クリックで拡大]
連山の外れの涌蓋山にだけ雲海が残り、尾根を越えて小国方面へ流れて行った。静かな流れに思えるが、実際は硫黄山の噴煙を見れば解るとおりかなりの風速だった。

More 後2枚
[PR]
PENTAX K7
f0173067_1122764.jpg
[画像クリックで拡大]
遅ればせながらK7のカメラ内HDRで撮ってみた。Jpeg専用だが自動的に露出を変え3枚連射して合成する。遊ぶにはいいかな(^^)

More 後1枚
[PR]
PENTAX K7 / 67
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_1165935.jpg

今週は天狗に登る回数がここ数年は多分九重登山者の中で一番多い天狗の主、ボッチさんが九重に来れない貴重な週末。前回もボッチさんが居ない時は大焼けしたし、期待感いっぱいで九重に向かった。11時頃の小国上空は願っても無いビッグバン雲が一面に広がり、前方の久住高原側には壁のような雲海が立ち上がっていた。

興奮を抑えられずワクワクしながら瀬ノ本に着いてみると、板チョコのようなモコモコとしたビッグバン雲は無くなり、高原側の雲海が連山を登り扇ヶ鼻も飲み込まれているようだ。でも上空は明るい月と満天の星、程よい雲がありドラマチックな光景を見せてくれる要素が詰まっていたので、安心してやまなみハイウェイのガスの中に入って行く事が出来た。

牧ノ戸に近づくにつれてガスが濃くなり、気温も10度と段々低くなってきた。危うく駐車場入口を通り越そうとしそうになるほどのガスだったが、11:30無事牧ノ戸到着。時間が早いので駐車中の車は数台だが、2時に起きる事にして仮眠をとった。

More 続きはココ
[PR]
PENTAX K7
f0173067_11363368.jpg
[画像クリックで拡大]
カードの不正使用の件、分かってきた。今年の初めにmonbellから顧客情報漏洩のお詫びが送られて来ていた事を思い出し、ひょっとしたら?と思って電話してみたら「ビンゴ!」カード番号がまさに今回不正使用されたものと一致。これで流出元がはっきりしたんでちょっと安心したんだが、ネットショッピングはお手軽だがそれ相応のリスクも伴うという事が良く分かった。

More
[PR]
by gin_mh | 2010-09-07 11:44 | 写真
PENTAX K7
f0173067_10563239.jpg
[画像クリックで拡大]
先程取引先の銀行が来て、キャッシュカードと一体になったクレジットカードの使用状況を聴かれた。日頃まったく使わないカードなんでどうしてかな?と思ったらどうも不正使用されているみたいだ。使用歴が無いカードで急に高額の買い物がされていておかしいと判断されたみたいだ。多分クレジット会社や銀行で何とかしてくれると思うけど何か不安だ。どこで情報が漏れているのか、カードは手元に有るけど。

More 後2枚
[PR]
PENTAX K7 / 67
牧ノ戸⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_136547.jpg

盆明けから3週連続の山行、今回は特に記す事も無いのでキャプション程度で。先週の強風に苛まれた朝駆けからは信じられない程の穏やかな山頂、誰かの言ではないが「単調ツルが優雅に舞う夜明け」となってしまった。でも牧ノ戸に行けば誰か仲間が居る、有り難い事で今回の同行者はボッチさん、山下〇長、山頂で福岡の小柳さんとお会いした。

More 写真を時系列で
[PR]
PENTAX K7
f0173067_11251894.jpg
[画像クリックで拡大]
土曜の残りから。
夏ならでは、朝ならではの光線が清々しい。撃沈後でも救われる景色だ。久住山を下山する時の斜面から。

More K7はやっぱりノイズが多い(ーー;)
[PR]
PENTAX K7 / Z1-P
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒久住山東稜(ピストン)
f0173067_1025364.jpg

今回も始業前のバタバタ山行で九重に朝駆けしてきた。示し合わせた訳でもないのになんちゃって登山隊フルメンバーの豪華???山行となったが、山下〇長が居た為にかどうか分らないが、しみじみ単調平凡な夜明けとなってしまった。天狗に〇長、中岳に原園さん、九重に僕とボッチさんと別れたが、何処も同じで、太陽自体は真っ赤っ赤だが、途中の霞に光が吸収されているのか、山に届く光は弱々しく真夏のカ~ッとする感じが全く無かった。雲も無くガスも無く、淡々と明けていった夜明けに感謝と失望が綯い交ぜになった朝駆けであった。

特に記するものも無いので今回は写真のみで。

More 時系列で
[PR]