4月24日 天狗ヶ城朝駆け 一体全体何をしているんだか…(ーー;)

PENTAX K10D
牧ノ戸⇒星生分岐⇒久住避難小屋⇒天狗ヶ城(ピストン)
f0173067_11485696.jpg

先週からの風邪がようやく治まったかにみえた週末、九重朝駆け後祝子川に移動し、翌日恒例となった朝駆け仲間「なんちゃって登山隊」による大崩山アケボノツツジ撮影登山に参加の予定だった。ところが、春どころか真冬並みの気温に山頂待機中風邪がぶり返し、一人悪寒に耐えながら下山、結局翌日の大崩山行も不参加と、いったい何をやってるんだの結末。

ボッチさんはじめ、みんなに申し訳無い週末となってしまった。








f0173067_11575184.jpg

AM0時着、牧ノ戸はガスの中だった。体調面と翌日の事も有り行き先を星生にして3時まで仮眠する。2時を回って隣にnono & khey夫妻が到着、中岳方面との事で先に入山して行った。
3時にボッチさんと歩き出すが、最初から体が重い。足に力が入らず前途多難を思わせるスタートですぐ後続の小柳さんに追い付かれた。気温は3度、しかしガスと風が有ってかなり寒い。冬用のアウターを持って来ていて正解だったが、パラパラ白いものが降って来る。粒の細かいあられ様のもので登山道に落ちても融けずに溜まっている。ただ登山道は凍結まではしておらず、例の泥濘地はドロドロのまま。滑らないように慎重に歩いて扇ヶ鼻分岐まで来るとやっぱり樹氷が成長中だった。星生分岐まで来てもガスが晴れそうも無く、日の出は見れそうも無いので行き先を天狗に変更し避難小屋まで行く事にした。



f0173067_121908.jpg

3人でガスで所在が分りずらくなった避難小屋にたどり着くと先行の2人も休憩中だった。この段階で既に僕の体調は芳しくなく、天狗に行く皆を見送って1人大休止とした。
15分ほど遅れて小屋を出発。白んできたガスの中を天狗へ登った。




f0173067_12191134.jpg

吹きさらしの天狗山頂は相変わらずの寒さで、新しくなった標識もエビの尻尾が着いていた。既に日の出の時刻は過ぎているが、上空が晴れているのか曇っているのかまったく判らなかった。それでも5人で話しながら待っていたが、7時を回る頃に僕は寒さに耐えられなくなり、先に避難小屋まで撤退することにした。




f0173067_12192335.jpg

避難小屋でしばらく待機していたが、いよいよ体調が悪化してきてガタガタ震えが止まらなくなった。待っていればガスが晴れるのは確実なんで出来れば待ちたかったが、下山出来なくなるのも困るんでボッチさんに先に下山する旨電話して降りた。




f0173067_12193499.jpg

沓掛手前でガスが取れかかってきたが、暑いのか寒いのか訳が判らなくなった体調でじっくり写真を撮る事も敵わず、それでも何とかBlog用に適当に撮りながら下山完了。車中で持参していた風邪薬を服用後、大崩行きは断念して帰宅した。

同行予定だったボッチさん、山下さん、原園さん、申し訳無いm(__)m
またの機会、宜しくお願いします。




f0173067_12194625.jpg





f0173067_12201262.jpg





f0173067_12202660.jpg





f0173067_12203683.jpg





f0173067_12204862.jpg





f0173067_12205955.jpg





f0173067_122110100.jpg





f0173067_12212124.jpg





f0173067_12221936.jpg





f0173067_12223114.jpg





f0173067_12224220.jpg





f0173067_12225352.jpg





f0173067_122337.jpg

幸い日曜日ゆっくり出来た事で体調もそれ以上は悪化せず回復したようだ。そろそろGWの予定を考えないといけないが、どうも定期便等色々有りそうで自由が利く日数が少なそうだ。

「バケペン」もデビューさせたいしなぁ。
[PR]