人気ブログランキング |

2008年 09月 29日 ( 1 )

牧ノ戸⇒九重避難小屋⇒天狗ヶ城⇒九重避難小屋⇒牧ノ戸
PENTAX K10D / NIKON COOLPIX P5000
f0173067_14114261.jpg

前回23日もガス雨で撃沈だった朝駆け、そのリベンジとばかり天狗ヶ城に行って来た。山行記はともかく、写真は何回かに分けてUPすることにする。

前回同様、筌の口温泉に入浴後、長者原で仮眠。筌の口は9時過ぎと前回より早い時間で、結構入浴客も多く、湯温も僕にとってやや熱いくらいですんなり入れた。10時過ぎに長者原に着き、1時すぎまで仮眠を取り(今回はバッチリ1時前に目覚めた)、牧ノ戸に移動。駐車場には結構車が止まっている。2時過ぎにボッチさんが到着。挨拶後、2時半に二人で取り付く。上空は晴れているが、中空によさそうな雲があるので二人してニンマリしてしまう。「車の割には誰もいないなぁ。」などと話しながら沓掛を過ぎた休憩ポイントで後ろを見ると、バラバラに2つのライトが見える。西千里でちょっとガスが出てくるがたいした事無く、避難小屋に4時着。ザックを降ろし、パンを食べて小休止。しばらくして後続の男性が入って来られた。4時半、天狗に向けて先発。
f0173067_14492181.jpg

5時丁度、山頂着。先週同様、風があって寒い。三脚を立て、ダウンを着込み夜明けを待つ。そうこうしているうちに、先程の男性と、もう一人登って来られた。なんと、先週もお会いしたADさんだった。考えている事はみんな一緒で、何の事は無い、最近の撃沈組みがリベンジに来ている(^.^)
f0173067_1455761.jpg

徐々に明け始めているが、さっきまで有ったいい感じの雲がばらけて、おまけに地平線上に結構な厚みの雲がある。これはどうかな、ガスは来ないと思うが、焼けはちょっと微妙になってきた。
f0173067_1459348.jpg

星生山頂に5,6個のライトが見える。「良かった、星生行かなくて。」と思ったが、そのライトが夜明け前にもかかわらずどんどん移動している。後で判った事だが、九重縦走中だったらしい。
f0173067_156289.jpg

そろそろ夜明け間近、浮羽の山下さんが登って来られた。暗い登山道で一度お会いし、後はネットでのやり取りしかなかったが、これでやっと虚と実が一致した。
気が付くと山頂もずいぶん人が増えている。
f0173067_1511465.jpg

三俣方面も稲星方面も地平線上は厚い雲が覆っている。
f0173067_15111572.jpg

これじゃ日の出は雲の上からだなぁ、とやや落胆しながら待っていた。
f0173067_15141054.jpg

f0173067_1515677.jpg

ボッチさんも黎明の大船を狙っている。つい先程の情報だが、この大船山頂にはオアシスさんが登っていたらしい。
f0173067_15183987.jpg

6時を回り、いよいよ日の出の時刻だ。焼けは思った通り「チョビット焼け」だった。
f0173067_15201750.jpg

中岳山頂の左の雲から御来光が現れた。最近はガスや雨で満足な御来光が見れていないので、こんな御来光でも神々しい限りだ。
f0173067_15223690.jpg

由布岳上空がちょっとだけ焼けている。
f0173067_15232915.jpg

三俣も姿を現した。この段階で山頂は先程の縦走組みも併せて14,5人。「こんなにいっぱいいるんじゃ今日はあまり焼けないで良かった」などと、不遜で傲慢な事を思っていたが、撃沈続きの身、ご勘弁下さい(ーー;)
f0173067_15272591.jpg

f0173067_1527557.jpg

この頃になって焼けるとビッグバンになる雲が発生。つくづく地平線の雲が恨めしい。
f0173067_15294671.jpg

山頂はこんな感じだった。とても6時過ぎとは思えない賑わいだ。
f0173067_15411758.jpg

逆光にススキも輝き、早くも秋の装い。しかし気温は下界の冬なみだ。
f0173067_15425668.jpg

星生も朝の清清しい光線を浴び、満足そうに目覚めた。
f0173067_15441023.jpg

盟主もお目覚め。ただ盟主の東の稜線上で二張りのテントを目撃。昨晩からだろうが、テン泊は決められたサイトでして欲しいものだ。九重は国立公園なのだから、どこでもテン泊していい訳じゃない。真似する人も出て来るし、誰でもしたいけど我慢しているし、ちょっとムカついた。
f0173067_162393.jpg

f0173067_15492079.jpg

時刻は6時半、潮が引くようにみんな下山していった。久しぶりの青空に山頂を去りがたく、ボッチさんにしばらく残る事を伝え、先に下山してもらう。一人きりの、独り占めの山頂。ぼんやり景色を眺めていた。
f0173067_15533850.jpg

f0173067_1554277.jpg

f0173067_15552367.jpg

大船にガスが掛かり、中岳上空に色んな雲が現れたり、30分ぐらいゆっくりして下山した。
f0173067_1695287.jpg

御池から九重分れを通り避難小屋へ。
f0173067_16112100.jpg

空もすっかり秋色だ。避難小屋でADさんと再会し、休憩後一緒に牧ノ戸まで下山した。
f0173067_16123523.jpg

f0173067_16124833.jpg

下山中、リンドウとか撮っていたがブレブレでピン外しばっかり。花は難しい。
延々と続く牧ノ戸コース名物「挨拶攻撃」を交わしながら無事下山。ADさんとお別れし、池山水源に回り、水を汲んで帰宅した。

次回はいつになるか判らないが、ボッチさんに貸していただいた秘密兵器を導入予定。早速フィルムを買ってきた。